2013年07月

何もかも、全然うまくいかない。

■ 以前飲み会で会った元読者モデル
数年ぶりにさりげなくメールしたら返信があって飲み会をした。
数年前はいい感じだったけど、他に狙ってた子がいたから、スルーしてしまった人だ。

2対2の飲み会をして、そこそこ盛り上がった翌日くらいに、
「また飲もうよ」的なLINEを送ると、「彼氏がいるけどそれでよければ」的な返信があった。

彼氏がいる、っていうのは想定内だ。
そして、それでも二人で会えるというのには、チャンスがある。
本人が意識してるかしていないかにかかわらず、
モテる女の子は潜在的な次の彼氏候補をつなげておくものだ。

もちろんいいよ、といいながら、逆転を狙いながらデートをした。
最低でもいい感じに恋愛モードを作り、手をつなぐところには行きたかった。

結果は、全然ダメだった。

二人で2万円もするディーナーに行って楽しく会話しただけだ。
帰り際に手をつなごうかと迷ったが、勇気を出せずに終わった。

勇気がなくて、何もできずに終えるほど、ひどい失敗はない。
後味の悪い失敗はない。

リスクをとらなければ何も得ることがない。
頭でわかっていながら、それができないのは、何もわかっていない以上にたちが悪い。

こんなことではダメだ。
少し時間をあけたら、また誘うことにしよう。
今度はちゃんと、アクションをとろらなければならない。

■ 以前飲み会であった女子大生
こっちはあまり乗り気じゃないけど、行こうと思えばいけそうな子、の典型例だ。
以前は、迷わずスルーしていたが、それは間違いだと気付いた。
乗り気じゃない女の子でも楽しませなけらば、男はモテないのだ。

その子とは、ほかの男女も含めて何度か会ったりしていたのだが、
そのときの感触からも、こっちがいけば間違いなくいけそうな雰囲気があった。 

迷いに迷って時間をかけて、結局また飲み会を開催してほしいとLINEしたら、
いろいろ忙しくて難しい、との返信があった。
おそらく他にいい感じの男が現れたんだろう。

時間をかけすぎたのだ。 
凡ミスもいいとこだ。
迷って意思決定が遅れ たがために、自分の有利なポジションを失ってしまったのだ。


人は過ちを犯す。
しかし、それを経験し、修正することによって、人は成長できる。 
過ちをおかしたとしても、人は前に進むことができるのだ。

だが今の僕は前に進めていない。
勇気を出せなかったのだの、意思決定が遅れるというレベルの低いミスをするだの、
いつまでこんなことを繰り返すのだろう。

ここままでは絶対にダメだ。
何かを変えて、新しい週を迎えなければ。

ワインスクールの体験レッスンに行った。
もともとワインが好きでスクールに興味があったというのと、 
あわよくばそこに来ている女子に声をかけられると思ったからだ。

結論から言うと、その場にいた女子には全く食指がわかなかった。
めちゃくちゃ高い授業料が参加者の平均年齢を上げていたのと
そもそも参加人数が10名前後と母数自体が少なすぎたのが原因だろう。

それにしても、こういったスクールみたいな感じになると
一気にお互いが他人行儀でなくなるのが面白い。
たまたま同じ体験レッスンの隣にすわっただけなのに
話しかけてドン引きされることはまずないし、
共通の趣味があるというので、むしろ好意的にみられている、と言っても良かった。

街でナンパするとこうはいかない。
たとえ、共通の趣味が見られそうなところであっても、
かなり多くのケースでは驚く程の警戒心で対応されるのがオチだ。 

ワインスクールの主催者自体も出会いを奨励する向きがあった。
おなじ趣味の友人ができますよ、みたいな。
結局のところ男も女も”健全な”出会いをもとめているし、
その需要を利用できるということをスクールはちゃんと知っているのだ。

”健全な”出会いは、どうやって演出できるのだろうか。
それができれば、効率のいいナンパができるのだが。。

↑このページのトップヘ