男が女よりも浮気しやすいのは、生物学的・進化論的にって必然的な結果なんです。
そもそも性欲っていうのは、より自分の子孫を作りたいという本能的な欲求のわけですが
性別の違いにより、本能的欲求を満たす戦略というのは違ってくるわけです。 

たとえば、オスは原理的にとにかく相手のメスと性行為ができればできるほど
その分だけ子孫を作ることできるわけですが、
メスは相手が何人であれ、生きてる間に子孫を作るのには限界があるわけです。

生物学的な差異としては、たったそれだけだとしても
長い進化の過程で必然的にその差異の影響は大きくなります。

たとえば、浮気性な性質の遺伝子をもつオスと、一途で潔癖な性質の遺伝子をオスがいた場合に
浮気性な性質の遺伝子をもつオスのほうが子孫をつくる確率がたかくなりますよね。
なぜなら、前者はあらゆるメスに自分を子孫をやどすことができますが
後者は子孫を残せる可能性が小さくなり、滅ぶとまではいきませんが少数派になるわけです。

メスとしては、浮気性な性質の遺伝子と一途で潔癖な性質の遺伝子とでは
子孫を残せる可能性をかんがえると、オスの場合に比べて大差が無いわけです。

かくして生物学的な差異と進化論的原理によって、男女の性格なり社会性なりの違いを生み
世界のあらゆるところで、お互いの不理解に悩んだり驚いたりしてるわけなんですね。

念のため言いますが、僕は浮気を擁護してるわけじゃありませんよ(男女問わず)。
現実的にどこの世界でも、男のほうが浮気するし、それには理由があるってただそれだけです。