2013年1月の結果
日経平均: 
11,138.66 (+743.48 +7.15%)
ダウ: 13,860.58 (+756.44 +5.77%)
ドル/円: 91.72 (+4.98)
ユーロ/円: 124.54 (+10.10)


■ 日経平均: 10,500 - 12,000

これほど簡単に11,000円超えするとは思いませんでした。
とにかくボラが大きくて異様な感じはします。
決定会合では市場予想通りの感じで、一瞬利食いがでましたがそのあとも順調に買われましたね。
次のテーマは次期日銀総裁でしょうか。

もう少しちゃんとした調整がある気がするんですが、なかなかきませんね。
節分天井とかいうかたちで2月頭から売られる可能性を考えてますが
なんか売られたところでリアルマネーの押し目買いがありそうですね。
このモメンタムが続けばあっという間に12000って可能性もみえます。

■ ダウ: 13,500 - 15,000
こちらもあっさりと予想を上回りました。
経済指標が好調ですし、あがりかたもなんだか健全な感じですね。
シェールガス革命や住宅市場の改善でアメリカ経済はかなりいい印象をもってます。
リスクとしてはヨーロッパが再び混乱に陥いってリスクマネーが萎縮することでしょうか。
結局時間稼ぎしかしてませんもんね、実質的には。
もう一つのリスクは財政関連のニュースでしょうか。
こちらは、なんだかんだいってうまく行くでしょう。
争いごとは茶番にしか見えません。

■ ドル/円: 88-95

円売りの勢いがとどまりませんね。。
どこかで一旦お休みが来るかと思ったら、ここぞとばかりに売られちゃいました。
アメリカ経済を考えると長期的にドル買いなんですが、今今でこの水準はやや違和感がありますね。
金利差もそれほどひろがってないし、日本のCPI2%はそう簡単に達成できませんからね。
でも、勢いに乗るっていうのは重要ですね。
さて、この勢いはいつまで続くのやら。。

■ ユーロ/円: 115-130
 一番誤算だったのが、このユーロ高です。
ECB会議でのドラギは強気ですし、国債入札も順調にこなしたのが大きかったんでしょうか。
でも、やはり物事が解決したかっていうと、そうではなくて、うまいことまた時間が稼げたって感じですね。
いずれにせよ、南欧の借金はずっしりのこってますし、失業率も高いまんまで
それを解決する手立てもないし、政治的な合意形成もできていないんですから。
でも、モメンタムっていうのは、やっぱすごいですね。
どこまでいくのかさっぱりわかりません。。。

--
免責事項:この内容は投資を勧誘するものでも、情報提供を目的とするものでもありません。従いまして、これらの情報の完全性は保証できません。また、ここに書いてあることで判断したいかなる損失に対しても著者個人の責任は負いかねます。