ジャーナリストの乙武氏が友人とTORATTERIA GAOZOという
銀座のイタリアンレストランにいったところ入店拒否されたそうだ。
そのことを乙武氏がTweetしたことが(フォロワーは60万人以上)ネット上なので話題になった。
http://rocketnews24.com/2013/05/18/329981/

簡単に背景を説明しよう。
乙武氏が友人と、そのイタリアンレストランに予約をし、訪問する。
店にエレベーターがとまらないようになっているため、
彼の友人(女性)が店の人に彼が入店できるように手助けをお願いしに行く。
しかし、店側はそれを拒否。
1階にに降りた店長と乙武氏との口論に発展した。
Twitterで騒ぎになった後、店側が謝罪し、
乙武氏もそれに応じたようなTweetをしている。

いろんな意見があるだろう。
車椅子の客を入店拒否するなんてひどい店だ、という意見。
店の事情を顧みず、店名まで出して非難するとはけしからん、という意見。

僕は、それを間近で見たわけではないし、
片方がジャーナリストということもあり、両者の主張を偏り無く聞けているわけではない。
なので、自信を持ってどちらか一方に非があることを断じることはできない。

だけど、このことに関して議論するとするならば、まず乙武氏のブログを一読してほしい。
その一件について詳しく綴られている。
彼はちょっとした差別(それは現実に存在する。)を大げさに言うような人間だろうか。
そして彼をここまで感情的にさせたものとは、いったいなんだったのだろうか。
 
「お客様は神様です。」と松下幸之助は言ったという。
それを勘違いした客が「店員は奴隷だ。」というような態度で接することをたまに見る。
いわく「こっちは客(すなわち神)だぞ。」と。 
それに対して店側は断固とした態度をとっていいと僕は思っている。
経済的な観点で言えば、その客が来ないことにより、不利益を被ることがあるかもしないが、
店にも守るべき尊厳があり、それをどう選択しようと彼らの自由であると思っている。

だが、今回はそれとは種類の違うものだと僕は思う。
店は差別を理由に入店を拒否したのだ。 
技術的に対応できなのであれば、その旨をちゃんと説明すれば理解してくれたはずだ。
店側にもいろんな理由があるだろうけど、
少なくともこの点に関してだけは猛省すべきではないだろうか。