レストランやワインバーで注文するグラスワインの原価はどれくらいだろうか。ボトルワインは通常仕入れ値の2~3倍の値段はする。グラスワインだとその1/5程度の値段だ。ボトルワインだと6~7グラスになるから、少し割高だが、店側としては余るリスクとかもあるし、客側としても色んな種類のグラスを試さる分、まあ妥当といえるかもしれない。

例を挙げてみると、こうなる。グラスで1,000円のワインがあったとしよう。ということはボトルで頼めばその5倍、つまり5,000円ということになる。これは仕入れ値の2~3倍なので実際のボトルの原価はだいたい2,000円くらいということになる。 レストランは2,000円ほどで仕入れたボトルで、グラス一杯1,000円で売っているのだ。

普通の人は店の仕入れ値ほど安くワインを購入できないはずだが、ネットショップで買う値段はそれほどおおきく違わないはずだ。グラス1,000円のワインは、まあ、だいたい3,000円以下で購入できるだろう。

これを高いとみるか安いとみるかは人それぞれだ。いろんなグラスを試せたり、ワインを選ぶ手間を考えたり、ちゃんと保管するコストやソムリエとの会話を楽しんだりする分、多少高くなるのは当然だといえる。ただ、ワインを単純に楽しむ分には自分で買うのがいいに決まっている。

特に高いワインだとその威力が、強力に効いてくる。たとえば、レストランで、グラス2,000円のワイン、すなわちボトル10,000円もするワインは、ネットで買うと5,000円ほどで買えることになる。メドック格付けのワインやブルゴーニュのプルミエクリュのワインなんかの比較的リーズナブルなワインは、だいたいこの程度で買えたりするものだ。

その点も考慮すると、ワインセラーを家に置くというのは、ワイン通にとってはとてもいい投資だと思う。僕は、最近ワインセラーを買ったのだが、とてもいい買い物をしたと思ってる。実は、意外と安く買えたり場所もそれほどとらなかったりするのだ。あと、人を家に招いたりするときなんかも、ワインセラーにストックがあると、なかなか盛り上がれると思う。