高金利を謳っている外貨預金には要注意です。どんなに信頼のおける銀行であっても、自分でシミュレーションできないような商品に手をだしてはいけません。たとえば、ネットでこんな商品をみつけました。

1ヶ月もの外貨定期預金: おためし外貨プラン
米ドル年利7.0%(税引後5.5779%)
豪ドル年利13.0%(税引後10.3590%)

これだけみると、すげー!豪ドルだと13%か!ってすごい儲かるように見えるかも知れませんよね。実際にシミュレーションしてみましょう。

1.円から外貨に変える。
まず 、外貨預金なので、自分のもっている円を豪ドルに変えなければいけません。1豪ドルが95.50円だったと仮定すると、95,500円=1,000豪ドルとなります。おっと、あぶない。為替手数料をわすれてました。この銀行だと為替手数料は50銭かかります。豪ドルが95.50円だとしたら、95.50+0.50=96.00が交換レートになります。従って、投資額96,000円で1,000豪ドルの外貨預金ができるのです。

2.預金金利がはいる。
1ヶ月ものの外貨定期なので、1ヶ月後に金利をもらえます。金利はなんと13%。ウキウキですね。ただ金利は13%まるまるもらえるわけではありません。税金がかかります。従って、金利は10.3590%ですね。まあ、それでもだいぶいいですよね。今、1,000豪ドルありますから、1,000×10.3590%=100.359豪ドル!ではないですね。あくまで表示上の金利は年利です。1ヶ月だと12で割る必要がでてきます。従って金利は1,000×10.3590%÷12≒8.63豪ドルになります。つまり1,000豪ドルが1,008.63豪ドルにしか増えないことになります。

3.外貨から円に変える。 
さて、では外貨預金残高の1,008.63豪ドルを円に戻しましょう。為替レートは全く変わらず1豪ドルが95.50円だったとしましょう。もちろんここでも為替手数料がかかります。豪ドルが95.50円だとしたら、95.50-0.50=95.00が交換レートになります。1,008.63豪ドル×95.00=95,820円となりました。ん?ちょっとまてよ。96,000円投資したのに、95,820円?お金減ってんじゃねーか!


4.まとめ 
まず高金利に見えても、そういうのはたいてい1ヶ月ものとかなので、12割すれば大した額にはなりません。また、外貨預金の為替手数料は結構高いので、そのくらいの額はかるくぶっ飛びます。ですので、高金利だからといって外貨預金に飛びついてはいけません。ちゃんと税金・手数料などを計算して、自分でシミュレーションしてから投資を考えましょう。


※ この記事は投資を金融商品の勧誘や情報提供を目的としていません。投資は自己責任で行ってください。本記事に基づいた行動により損失が発生したとしても、著者ならびにブログ関連は一切の責任をもちません。