カテゴリ: サラリーマン人生のこと

エントリーシートを書き終わった後も、僕は何度も何度も時間をかけて見直した。ここに書いてある自己アピールと志望動機をみられたら、僕はたぶん、孫の代まで笑われるだろう。だが提出までに時間をかけてはいけないと思ったので、ボタンを押す直前に最後の見直しをしてから、エントリーシートを提出した。提出した後にはどこか不思議と清々しい気持ちになった。僕は、ついにラブレターを出してしまったんだ。もう後戻りはできない。

WebのSPI試験のお知らせがメールできたとき、想定通りだったにも関わらず、少しテンションがあがった。やはり自分の希望するところからなんらかの連絡があるとそれだけで嬉しいのだ。でも、僕は迷っていたことがあった。SPIは自分でちゃんと受けるべきか、それともズルをして友達と一緒にやるべきか。みんなズルしてるからバレないとは思うものの、ズルをして不自然な得点になり落ちたら悔やまれる。僕はどうするべきなんだろう。

結局、僕はズルをしてSPI試験に挑んだ。自分ひとりでは絶対に成し遂げられない結果をだせたときは、なぜか自分でやったかのように胸を張ってしまった。こんなにすごい自分ならきっと返信をしてくれるはずだ。絶対に僕の事をきにいってくれるはずだ。根拠が薄弱なのにもかかわらず強気な気持ちになったのは、おそらく自信のなさの表れなんだと思う。あらかじめ通過率の情報を得れなかったので、僕は地獄の1週間を過ごさなければならなかった。

面接の日程メールが来た時の喜びはひとしおだった。エントリーシートを再び読み直し、面接で聞かれるであろうことを想像した。質問があるかきかれたときに何を聞くかも決めていた。その会社を訪問するのが楽しみだった。どんな人にあえるかを考えるとワクワクした。

初めてその会社の人もみると背筋が伸びた。ここの会社の内定をとり、今まさに活躍している人だ。もしかしたら、この人は僕の先輩になるかもしれない。そう思うと自分が何もかも見透かされているような錯覚にとらわれた。面接で気をつけるべきポイントは何度も確認した。声は大きく、自信を持って、謙虚さをわすれず、身振り手振りでしっかりアピール。

でも、できなかった。声は震えたし、手も震えた。こっちを見られると馬鹿にされているかのような錯覚をうけた。下を向いて歩く帰り道で、僕はとても惨めな気持ちになった。なぜなら、まだ可能性をすてきれていなかったからだ。2週間以内に連絡がくるかもしれない。僕は無理だと自分にいいきかせながらも、実は少しの可能性に猛烈に期待していた。

2週間を1日すぎても連絡がこなかった。情報によると、1週間以内に返事がなければもうダメらしい。もう認めざるを得ない。僕はダメだったのだ。あれだけ行きたいと思っていた会社に僕は行けなくなった。僕の夢は叶わなかったのだ。ほかの誰かが面接を通ったという連絡をきくと、おめでとうと笑顔で言ってみたが、とても嫌な気持ちになった。 人の幸せを妬むなんてしたくなかったが、妬む自分をどうすることもできない。

僕は総合的な人間性を否定された気分になった。僕はどこか別の会社に入ることができるのだろうか。まわりの人に比べて就職偏差値が低い会社にしか内定貰えなかったどうすればいいんだろう。僕は漠然とした不安をかかえながら、今日もエントリーシートを書きながら、面接の日程を埋めていくのだった。

って感じになるかもしれませんが、就活生の皆さんがんばってくださいね! 

友人がどうしてもというので、就活中の大学生と食事をすることになった。僕の行っている会社にとても興味があるそうで、ぜひ話をききたいとのことだった。まあ、友人のお願いだったので仕方なく行ったのだが、マジで時間の無駄だった。その人(♀)自体も面白味もなければ、頭のキレもいまいちだし、これといった経験を持ち合わせているわけでもなかった。(ちなみに美人でもなかった。)

まあまあ、普通の学生なら致し方ないところだったのだが、その子の悪い所は図々しいほどにガツガツしているところだった。

転職とかもバリバリできる感じに専門能力をつけたいです!あっ文系なんで今は専門能力とかはないですけど。それに海外とかにも興味あります!えっ?英語は全然ダメです。TOEICはずいぶん前に受けただけですね。あと、できれば一年目から専門部署とかで経験できるところで働きたいです。 最初は普通営業とかさせられるじゃないですかー?そういうのとかダメなんですよね、私。

うん、なるほど。君が気合が入ってるのはよくわかるよ。向上心があっていいね。でもね、普通に考えてみよう。君の学歴が悪いとは言わない。でもね、君の行きたいような会社には東大卒業だけで100人以上いるのよ。大学院いっている人だってたくさんいるし、中には弁護士や公認会計士とっている人もいるわけ。当然、帰国子女もいるから英語がネイティブ並にできるひともたくさんいるのよ。もちろん学歴や資格だけが全てじゃない。けど、最初の一年目でその人たちを差し置いて自分を特別扱いさせてくれる何かってあるの?ないよね? 残念ながら最初は優遇させてくれないかもしれない。けど、君が本当に実力を発揮できるんだったら働いているうちにチャンスをもらえるかもしれない。まずは、それに応えてからからだよね。 

まあ、そんなような一般論を話して諭したら、その場は普通に納得してくれたけど。就活は謙虚にスマートにやるのがいいよね。

就活でもっとも重要なのは面接官に気に入られるかです。それを意識することが重要です。そのためには、普通のサラリーマンがどういう人たちかを知る必要があります。それを踏まえたうえで面接に臨みましょう。試されているのは、就活生の潜在能力そのものというよりは、そういったマーケティング能力やプレゼン能力です。

では、普通のサラリーマンとはどういう人たちでしょうか?実は、普通の就活生とまったく変わりません。高校生の時って大学生を、すげー大人だなーって思ってましたよね?ところが、全然違いましたよね? それと同じです。社会人もみんな一応に適当で、自分より年下で経験のない人には上から目線だったりして痛かったりします。

そういう人たちに評価されて人生が決まってしまったりするのは、本当に酷い話ですが、現実ですからしかたありません。そういうマーケットだと思って、自分を売り込むマーケティングしてください。一般論ですが、世の中にはびこるサラリーマンに好まれる基本的な要素を上げていきましょう。
  1. 最低限の事務処理能力がある。(つかえる奴)
  2. コミュ障ではない。(ふつうに話せるやつ、話が長すぎない)
  3. いいやつ。(キレたりしない。怒られたらビビったりして反応が素直。)
  4. いっしょに飯とか行ってもはずかしくない。(身だしなみが悪くないとか。バカすぎないとか。)
  5. 自分より優秀すぎない。(立場がおびやかされない。) 
  6. ちょっとだけ他の人と違う。(印象を残す)
基本的にバイトの先輩とか部活の先輩に近い存在だと思ってください。相手も大した事はありません。サークルで副部長やってました!とかアホなアピールもしてたはずです。でも、逆に適当な嘘はバレます。彼らもそういう事してきたわけなんで、そういうのはすぐにわかるんですよ。だから、大げさなこと言ってバレたりしたら、すみません、アピールしたかったので少し大げさに言っちゃいました、ていうほうが印象がいいと思います。

下手に優秀さをアピールするほうが失敗するかもしれません。上の2・3・5に抵触する恐れがあるからです。面接官は自分がバカなのに上から目線でいたいので、学生が優秀で自分の理解できないことを言うと、コミュニケーション能力が低い!とかいいます。ほんと馬鹿げてますが。

いい女すぎるとモテなくなるのとおんなじです。就活は恋愛に似てますからね。 

新入社員の皆さん、就職おめでとうございます。社会人生活はここまでいかがでしょうか。僕は社会人生活・サラリーマン生活が10年以上になりますので、新入社員の皆さんにもある程度のアドバイスができるかもしれません。僕が皆さんにアドバイスできる立場としてふさわしい人間かどうかわかりませんが、このサイトに訪れていただいたのも何かの縁かもしれませんので、時間があったらさらっとでも流してもらえたら嬉しいです。

まず第一に、現実に対して過度な期待を持たないでください。就職活動のときに出ててくる会社の人はごくごく限られた人です。ふつうに計算してみればわかると思いますが、あんだけ社員がいるなかで採用に携わる人っていうのは、ごく限られた人です。ボンクラな人とか、会社に対してよく思ってない人を出すわけなんてありません。ところが配属されて分かることは、予想以上に魅力的な人が周りにいないということだと思います。でも、それは会社が悪いんではありません。会社の中でも採用担当にいい人を前面に押し出すにきまっているからで、実際に働く人はそれよりも劣るに決まっているからです。 だから、あまり先輩に対して期待を持たない方がいいと思います。

第二に、皆さんが思っているほど社会は合理的でないと思ってください。 働いている人は会社がどうあるべきかなんて考えていません。儲けるためにはどうすべきだとか、会社にとって何がいいことかどうかなんて全然考えません。サラリーマンは自分にとって都合がいいかどうかだけで物事を判断します。だから、合理的かどうかの判断基準を持ち込んで説得してもうまくいかないケースが多いです。それには僕も落胆されられました。せっかく会社に貢献できそうな提案でも、目の前の損得勘定のみで意思決定する人があまりにも多いのです。ですが、そもそも合理的であるべきとういうのは、ある意味で偏った考え方です。人はみな自分がかわいいし、自分や自分の家族を優先させるからです。だから、価値基準に対して柔軟であるほうがうまくいくかもしれません。

第三に自分がどう有りたいかの軸を持つといいと思います。大企業の社会人にとっては勢いのある人に気に入られるかどうかが重要です。その手段はその人によって違います。どんな人でも結局は人間なので必ずしも客観的に正しい決断なんてできないからです。 大企業サラリーマンとしては、社内で勢いのある人だけをみてればいいですが、それが世の中の全てでないというのは言うまでもありません。社会はそれとは違うふうに動くかもしれませんし、会社にはむかうような行動が外の社会で評価されることだって当然ありまます。でも、なんだかんだいって重要なのは、自分がどう有りたいかの軸を持つことだと思います。サラリーマンとして偉くなるのか、転職できるように手に職をつけるのか、自分で会社を作れるようにするのかは自分自身できめることだし、決めるべきです。それらに対しどのように行動するべきかは誰にもわかりませんが、どうありたいかは自分で決めることができます。

最後に仕事が出来るかどうかに学歴はほとんど関係ないということです。僕は東大・京大・一橋・東工大・早稲田・慶応 ・ハーバード・ペンシルベニア・オックスフォード・コーネル・コロンビア・スタンフォードなどの超一流大学または大学院卒業の人と何人とも働いた経験がありますが、それで得たものは学歴で評価しなくていいんだなと思えた事です。僕の最も尊敬するエコノミストは河野龍太郎氏です。彼の出身大学の横浜国立大学はエコノミストの中では高学歴とは言えないかもしれませんんが、彼の言っていることはとてもしっくりくりし、新しい見地をひろげてくれます。結局のところ、お勉強しかしてこなかった人は、明確な答えのある問題をあたえられないと力を発揮できません。社会には答えのない問題を与えられることが多いですし、お勉強で学んだことだけで解決できることはほとんどないのです。だから、学歴のある人もおごらず、学歴のない人もビビらずに、自分の軸を大切にしながら、うまく社会をあるいて行きましょう。

連休も終わりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

そろそろ五月病の季節がやってきました。進学・就職したばかりの人は特にそうだとおもいますが、世の中が異様なまでにかったるくなります。やる気がでません。初めて五月病にかかった人は特にそうかもしれませんが、とにかくもう辞めちゃいたくなりますよね。でも、一旦待ちましょう。次のことを試してからでも遅くはないので。

1.まずは堕落しよう
やる気がでないと、ちゃんと物事を進めることができません。覚えるべきことが頭に入らなかったり、やることなすこと雑になります。いいんです。無理して気合を入れることなんてないんです。人生は100メートル走のようにダッシュしつづける必要もなければ、マラソンのように休まず走ることもありません。一旦は皆に追い越されてください。座り込んでへたってください。そして堕落がどういうものか実体験してみましょう。全力で走ったりすることもありますが、たまには流したり、歩いたり、休んだりもします。それでいいんです。休んだからといって自ら脱落する必要なんてありません。たまには堕落してみましょう。

5月病は気合の入っている人、今まで堕落したことのない人ほどかかりやすい病気です。完璧主義者が完璧にできないとイライラするように、うまくいっていた人がうまくいかなくなってしまい陥る病気なのです。ですが、これを経験しないわけにはいかないのです。負けを経験しない人生なんて、そんなの無理です。うまくいかいときは、ぼーっとして、何もしなければいいんですよ。そういう時にしか見えないものもあります。それをちゃんと見てみることです。

2.愚痴を言いまくろう
特に社会人になると特にそうですが、不平不満や愚痴を言いたくなります。それはあなたが弱いとかダメとかじゃなくて、社会がクソだからです。理不尽だからです。そして自分が経験したからといってそれを押し付けたい大人たちが、あれこれ都合のいいことを言ってきたりします。ムカつきますよね。ムカつくのが普通なんです。

ただ、ご存知のように愚痴を言う人は好かれません。それはそうですよね。誰かの愚痴を永遠きかされたらうんざりします。そこで、仲間を見つけることです。学生時代の友達、同期入社の友達、前のクラスの友達、ネット住民、だれでもいいですが、同じ境遇の人を見つけて愚痴を言いまくりましょう。

ポイントはだけかれ構わずではなく、ちゃんと同じ境遇の人を見つけることです。それには、ちょっとした労力が必要かもしれませんが、それはやる価値はあります。なぜなら、あなたのように愚痴をいいたい人は世の中に溢れているからです。そして、愚痴を言い合えば、その人自体も救われるからです。こういうのは自分で溜め込んではいけません。強がることよりも、弱い自分も認める事ができる人こそ、本当に強い人間です。

3.五月病以外の人へ
みなぎるやる気に満ち溢れてますます仕事や勉強に励まれている人もいると思います。とてもいいことです。これからも頑張ってくださいね。願わくば、やる気のない人を無理に励ましたり、やる気をださせたりしないでください。できれば、愚痴をきいてあげたり(聞くだけです。反論や励ましはしないでください。)、いっしょにサボって堕落につきあってください。

↑このページのトップヘ