タグ:デート

付き合う前のデートはとても難しい。

ガツガツしすぎてもダメだし、草食系はもっとダメ。自慢する人はカッコ悪いけど、自信なさげはもっとカッコ悪い。女慣れしてそうなのは遊ばれそうで警戒しちゃうけど、おどおどしてよってくる人はストーカーになりそうで怖い。すぐに事を運ぶ人はチャラくて嫌だけど、奥手過ぎる人は結局どうでもよくなっちゃう。

女の子はかくも繊細で、僕らは綱渡りをするかのように、やさしくて頼りがいのある男にならなくてはならい。そのためには、ただ愛すればいい、のではなく、しっかりと分析して訓練しなくてはならない。そして、デートの度に、どこがよくてどこが悪いのかを分析し、上達していかなければならないのだ

デートがうまくいかなかったときは、やけ酒でも飲んで、愚痴でも言いたくなるだろう。でも、それだといつまでたっても同じ失敗を繰り返すだけだ。相手の人間性を否定したり、運のせいにしていたら、恋愛に限らず何事もうまくいかない。僕らは自分のどこが悪かったのかを謙虚に反省しなければならないのだ。

僕が最近失敗するのは、恋愛ステージの最後の難関である「付き合い率」だ。この確率がどうしても高まらない。ある女の子はキスをしたら泣かれてしまい、ある女の子は2次会を笑顔でキッパリと断られた。その度に、あとのきはもっと好意を伝えるべきだったとか、もっとゆっくりと距離を縮めるべきだったとか、押したり引いたりをもっと繰り返して揺さぶるべきだったとか、思い返せば色々だ。

本当に素敵な女の子に出会えてデートできるチャンスというのは、そう多く与えられない。そして、その与えられた期間はほんのわずかの間だ。制限時間が大幅に短縮された1回だけのスーパーマリオみたいなものだと思う。いつか出会える素敵な女の子と共に幸せになるために、僕は真剣に恋愛をしていこうと思う。

最近また婚活の調子が悪い。出会いがない、というわけではない。そもそも出会いがないと言っている人の大半は単に言い訳ばかりする人なので、その人達とはいっしょにしてほしくない。出会いは主体的に作るものなのだ。僕は、そんな初歩的なところでオロオロしているわけではないのだ。

ただ、なぜか知らないけど、波が引いていくようにいきなりモテなくなる事がある。今がそういうときだ。ついこの前は、全然つながりのない3人くらいから、唐突にLINEで「会おうよ」みたいな連絡がきて、これはいい波がきたなと思ったところだった。だが今は、飲もうよっていう連絡をいれても尽く無視される始末だ。いったい、何なんだろう。単なる偶然なんだろうか。

もっとも痛いのは、とあるパーティーであった女の子だ。

ちょっと年が離れすぎてはいたけど、ルックスもキャラも僕好みの女の子だった。ちゃんとそのときに連絡場所を交換することができたので、LINEでやりとりしながら、とりあえず1回目のアポを取ることができ、このまえ食事に行った。

その日に気をつけていたのが、①シュートは打たないことと、②自分の価値をさりげなくアピールすること、③楽しませることだ。 ①は、何も難しいことはなく、②についても、ある程度は達成できたと思っていて、③についても、しっかり笑いをとっていたので、僕的には2回目のアポが取れるのは固いと思っていた。シュートはそこで打つつもりだった。

食事のあと、相手からLINEが来た。「今日はごちそうさまでした!超楽しかったです!」みたいなノリノリの印象をうけたし、それに返信すると、相手からもそれにたいする返信があった。問題はその後だった。

食事をしたときに次のアポをとってなかったので、数日後に再度LINEをした。来週末あいてる?また食事でもどう?って感じだ。だが、そこからは既読スルー状態だ。あれ?あれから何があった?全くわからない。

僕は、その女の子が年で1回あえるかどうかくらい評価の高い女の子だったので、ショックは大きかった。僕は、イライラし始めてきた。そして、それは負けのサインだった。そこからはしつこくしてはいけない。僕は自分の決めたルールに従って、2週間ほどやりとりは控えることにした。2週間後に「元気してるの?」というシンプルなメッセージを送る。復活の可能性は小さいが、その可能性を最大限にいかすとしたらそのくらいだろう。

はあ。。久しぶりに、とても残念な気分だ。。

僕は合コンとかであった女性には完全な脈なし以外全員を誘うことにしています。たまにド本命しか誘わない律儀な人がいますが、得てしてそういう人はモテません。だって、試合慣れしてないスポーツ選手が本番でいいプレーなんてできるわけないですよね?実践の営業経験のない人がいきなりビックディールをこなせるわけないですよね?経験がなかったり実践慣れしてないと、いざという時に初歩的な凡ミスをしたり、下手に感情的になってしまうんです。それと全くおんなじなんですよ。誠実さはちゃんと彼女をモノにしたあとで発揮すればいいんです。

そういう感じで、僕は合コン後とかに、いろんな女の子をデートに誘いますが、やっぱ断られる方がずっと多いですね。僕の力不足というのもあるんでしょうが、合コンでの出会いではそのメカニズム的に断れるのが普通ですから、まあ仕方ないですね。おかげで、いろんな断られ方を経験させてもらいましたよ、はい。

Sample

それにしても、いろんな女の子とLINEでやりとりすると、そのリアクションで、あー、この人はこのパターンで断ってくるのかー、ふーん、っていう感じのLINEソムリエになってきますね。僕の知ってるパターンはだいたいいかに分類されます。

鉄壁型
一回も既読されないパターン。さすがにあまりみないけどナンパで連絡先交換した人でたまに見かけます。たぶん、連絡先交換してほぼ直後にブロックしたんだと思います。ここまで用意周到だと、不愉快どころがむしろ気持ちがいいですね。

ドア閉め型
非常によくある、というよりお断りの大半はだいたいこのパターン。

自分「昨日はありがとう!また飲もう!」
相手「こちらこそ、ありがとうございます!楽しかったです!はい、是非また飲みましょう♪」
自分「再来週金曜日とかどう?」
相手(既読スルー)
・・数日後
自分「予定はどうかな?」
相手(以後、既読なし) 

連絡先交換したあとの社交辞令的な挨拶は気持ちよく対応するけど、いざ誘われると断るわけではなく、いきなりドアを閉めるがごとくブロック。まあ、こういう薄っぺらい、かるーい感じがLINEのいいとこかもしれないですよね。否定はしません。都合がいいときは皆にいい顔しながら、都合が悪くなると逃げるタイプの人たちですね。まあ、ほとんど日本人はそんなもんです。え?否定してませんよ?全然。

ごめんなさい型
はっきり断るタイプ。たまにしかいません。パターンも、無理!とか(笑)、NGです!みたいにはっきり言う場合もあれば、二人はちょっと無理です。。みたいに限定的に却下するパターンもある。個人的にはとても好感もてます。人は都合よく皆にいい顔したいんで、こうやって都合の悪いこともはっきり言える人にはとても関心します(といっても、相手からは断られてるんですが。)。だから、僕は「きっぱりと言ってくれてありがとう!」と返すことにしています。

スルー型
ドア締め型に近いんですが、ブロックをしないタイプです。最初の社交辞令あいさつは返すけど、デートに誘おうとすると既読スルー。でもブロックはされない。というパターンです。ブロックの仕方がわかんないか、なんて返したらいいかわかんないまま放置している、というところでしょうか。でも、このパターンはたまに復活します。時間をおいて(数週間から数ヶ月)、「ひさしぶり!元気ですか?」みたいな感じで送ると返信がきてアポをとりつけられたりもしますね。しつこくするのは絶対ダメです。

おとぼけ型
これもたまに見ます。学生とか社会人になりたても若い人に多いパターンです。よくあるのが、「今、まだ予定がわからないので、わかったらまた連絡しますね。」というやつです。ほっといたら、連絡こないか、連絡きても、「仕事で厳しいです」みたいな変な理由で断られます。このパターンはスルー型と同じで、時間をおいて再トライするとタイミングによってうまくいくことがありますが、しつこく「じゃあ、翌週は?」みたいな感じで誘うとブロックされちゃいます。僕の予想ですが、このパターンの人がめんどくさくなってドア閉め型になるんでしょうね。

この記事を面白いとおもってくれたり、何かの参考にしていただいた場合は、是非、Twitter、Facebook、はてブ、などでシェアしてください!励みになります。

デートの準備はとりあえずレストランを予約すれば、おっけーって思っていませんか?それはアポだけ入れて、なんにも準備をしないセールスマンと同じくらいダメです。相手は自分をどんなふうに思っているか、今回のデートではどこまで進捗をすすめるか、キスするとしたらどういう展開でどこでするのか、ある程度想定して臨まないと全く前進しませんよ。いつのまにか、ご飯おごってくれるだけの都合のいい友達になるのがオチです。

デートするうえで最も重要なのはちゃんとシュートを打つことだと思います。初めてのデートだからシュートをしないんだったら、それはそれでいいかもしれません。でも、だらだらと繋ぎだけを目的としたデートを続けてはいけません。それは戦略があるからじゃなく、単にシュートを外すのを恐れている弱い気持ちがでている証拠です。シュートをはずせば、もうチャンスはなくなるかもしれません。嫌われるかもしれません。でもそのリスクを冒さないことには何も得ることを望めません。

僕はこのまえデートをして、シュートをして外しました。残念です。とてもいい人でした。スペックはこんな感じです。

chrt
















シュートはゴールするときもあれば外れることもあります。それは仕方がありません。ちゃんと反省して次に生かそうと思います。人によっては、そんなふうなマインドを持つことは、難しい事かもしれません。その理由は、彼氏彼女候補がただ一人というケースが多いからなんだと思います。僕が恐れずシュートできたのには、彼女候補みたいな人が他にもいたからなんだと考えます。

tbl 














結局、何かを得るには、何かを失う覚悟が必要なのかもしれません。

合コンやパーティーに参加すると、連絡先の交換が避けられないことが多い。特にモテる若い女子は、連絡先交換してください攻撃の格好の餌食となる。ただ実際のところは、そうやってくる人のほとんどが、あまり連絡してほしくないなっていう感じの人なんだと思う。しかしだからといって、「連絡先交換しようよ。」「は?やだし。」と返せる人は中々少ない。だからこそ、全くデートする気もないのに、「いいですよ。」と笑顔で答えながら連絡を交換しなければならないことになる。世の中はかくも欺瞞に満ちており、それ故幾多の誤解を生むことになってしまうのだ。

そこで、女子たちは、いかにして簡単にかつあまり傷つけずに男子をあしらうかという技量が試されることになる。 何の自慢にもならないが、僕も数え切れないほどの女の子から、ときにキッパリと断られ、ときにあっさりと無視され、ときにわけのわからない混乱に陥らされながら、あしらわれたものだ。そのたびに僕はがっかりしたものだが、女子にとっても断ることは簡単ではないはずだ。そこで僕がシチュエーションに応じた断り方を提示したい。

まず、大原則として重要なのが、多少なりとも傷つけることは避けられないということをしっかりと認識することだ。なんも傷つけることなしに断ることができれば、それはもちろんいいのだが、実際には不可能だ。恋愛とはとても理不尽なものだ。どれだけこちらが愛そうが尽くそうがお金をかけようが、それに応じるかどうかは相手の勝手な判断に委ねられる。それは、男性にも女性にも同じことが言える。これは仕方がない事だ。だから、相手を傷つけずに納得させることは不可能だという前提に立って行動しよう。

また一般に、恋愛経験の少ない若い人ほど、また友人や同僚として関係が深い人ほど断るのは難しい。恋愛経験が少ないとまだ断られて傷つくことに慣れてないので、粘ったり逆上したりしてしまうケースがある。また、関係が深くなると情がわいてしまったり、あいても自分にのめりこんいるケースもありうるからだ。これらに留意して次の方法をみてほしい。


1. デートする気がさらさらない、連絡先を交換しただけの人は徹頭徹尾無視する
これは、とてもいい戦略だ。関係がまだ薄い人なら、まだあなたにのめりこんでないはずなので、あまりねばることはないだろう。また、恋愛経験のある人なら、否決サインと察するだろうし、少ない人でも、あれおかしいな、って感じでそのうちに時間がたって諦めることになるはずだ。なるべく、関係の浅い間に関係を切っておくことが重要だ。


2. ある程度連絡を交換した人の場合は、相手によって判断する
デートする気がないからと言って、最初から無視するのが難しいケースもあるだろう。結果としてメールとかLINEとかで何回か連絡のやりとりをしてしまうかもしれない。そういったときの誘いは、相手によって判断しよう。相手が恋愛経験のある人だったら、この場合きっぱりとゴメンナサイしたほうがいい。変に嘘をついて予定を先送りしたり、約束をしたあとにキャンセルするのは、お互いに時間の無駄だし、逆に相手を怒らすことになると思う。ある程度の恋愛経験のあるひとだったら、世の中の理不尽を理解しているので、断られることに逆上することはあまりないように思う。断るのは労力や勇気がいるがこれはお互いのためだと思ってここはがんばろう。

相手が恋愛経験の少ない若手だったら、粘ろうとしてくるかもしれない。この場合は、とにかく時間をかけてごまかすしかない。時間をかけるというのがポイントだ。いかなる感情でも時間がたてば、ある程度冷静になる。それは愛情であっても憎悪であっても同じ事だ。だからまず、返信をとにかく遅らせる。相手のレスがはやかろうとおそかろうと時間をつかうことが重要だ。そして忙しくて予定がたてられないと言ったりして、執拗に物事をさきおくりする。そうすれば、きっと相手も忘れてくれると思う。

ここで、気を付けるべきポイントは、相手にポジティブな印象を与えないことだ。誘われたときに、ハートマーク付で返したり、ぜひご飯行きましょう♪みたいな感じで返さないことが重要だ。というか、正直なところ、何故そんな事をするのか意味がわからない。僕は実際に何度かそういう経験をした。その場では相手は傷つかないかもしれないし、むしろ喜ぶかもしれないが、いつかは断らなくてはならないのだ。そんな事をしたら、ますます誘ってくるに決まっている。ポジティブな印象を持った後に断るのは酷なやり方だから、相手をより深く傷つけるのを意図していない限り、やめたほうがいいと思う。


3. デートを何回かした場合は、ゴメンナサイする
デートを何回かしてある程度仲良くなった場合は、相手がだれであれゴメンナサイをしたほうがいい。何度か二人で会ったりしたんだったら、もうお互い人間同士のつきあいなんだから、そこから無視したりはぐらかしたりするのは礼儀に欠けると思う。相手に落ち度があったらなら、ちゃんとそれを指摘してあげるといいと思う。ここまで来ると断ることはけっこう辛い行為になる。だけど、お互いのためにきちっとケリをつけるため、ちゃんと振ってあげよう。

やはり、なるべく早く振るほうが簡単だし、相手にとっても傷は浅くなると思う。決断を先送りすることのデメリットが大きいので、あまり気のない人に気を使って連絡をつづけたりデートに付き合うのはやめたほうがいい。実力のある人はピンチに力を発揮するのではない。ピンチに陥らないのだ。モテる女子たちは、うまくかわす技量を身に着けながら世の中をわたっていってほしい。



 この記事を面白いとおもってくれたり、何かの参考にしていただいた場合は、是非、Twitter、Facebook、はてブ、などでシェアしてください!励みになります。

↑このページのトップヘ