タグ:ドル

■12月の雇用統計はびっくりするほど悪かった!

金曜日にアメリカで雇用統計が発表されました。その数字がむっちゃ悪かったためにドルが一気にどーんと売られちゃいましたね。

japan_gif 



















それまで104.80-105.10くらいの動きだったドル円が、雇用統計の数字が出るなりいきなり105.20を超えたり103円台に途中入したりして、結局104.00-104.20くらいのレンジにかわりました。雇用統計の数字がいかに市場にインパクトを与えているかよくわかります。

ちなみに原因はアメリカの寒波です。まあ、こんだけ寒ければ外出を控えるだろうし、設備投資しようって気にもなりませんよね。



■ 雇用統計で初心者がまず押さえておくべきこと

投資の初心者の方はまずいくつかのポイントを押させておきましょう。雇用統計はアメリカで発表される景況感を表すマクロ指標などで最も重要な数字だと思ってください。小売業でも建設業でもいいんですが、やっぱり忙しくなってくると、「やべー、仕事まわらねー」ってなりますよね。そしたら「よーし、んじゃ、新しく人を採用すっか。」(悟空風)ってなります。これは景気のいい証拠ですよね。さらにそれで実際に採用されれば、失業してた人が、「やったー、やっと職につけたぞ。これでまともな生活ができるぜ!」っていうふうになってますます景気は改善していくわけです。

では、いつだれがどんな事を発表するんでしょうか。アメリカでは労働省が毎月原則第一金曜日のNY時間8:30に雇用情勢を発表します。いろんな数字があるんですが、とりあえず初心者は非農業部門就業者数と失業率だけは抑えておいてください。これはニュースでかならず言及される数字です。それ以外にも重要なポイントがあるんですが、とりあえずこの二つは覚えておいてくださいね。

アメリカは労働人口が増加している国です。ですので雇用者数が0というのはプラマイゼロではなくマイナスです。どのくらい増えていないといけないかというと、ざっくり10万人と覚えてください。これより大きければ基本的に景気は改善傾向、わるければ景気は悪化方向です。でも、それをクリアーしていればおっけーっていう単純な話ではありません。

アメリカの金融機関やシンクタンクなどは毎月雇用統計を予測します。雇用に関する他の情報や聞き取り調査とかを合わせて、予想値を発表します。トレーダーは各社の発表する予想値を見ることができますので、それらの平均などからコンセンサスをうかがい知ることができます。このコンセンサスというのが重要です。というのは、景気がいい時にはいい数字がでるのは当たり前です。問題はどの程度いいのかです。今回は、雇用者数のコンセンサスが20万人くらいと思ってたら実際は7万人くらいだったんで、うっっひゃーー、ってなったんですね。

ちなみに日本では雇用関係の数字がマーケットにインパクトを与えることはあまりありません。日本は雇用が硬直的なので、あまり増えたり減ったりもしないし、だからといって景気が安定しているかとそうでもないんですよね。景気が悪かったら人は減らさずに給料を減らすというのが日本です。アメリカとは全然ちがいますね。あと、日本は有効求人倍率と失業率が重要な数字とされています。

■ 初心者のための雇用統計の準備

1. 毎月第一金曜日までに雇用統計についてのコンセンサスを調べておく
これは普通にググれば出てきますのでそれを参考にしましょう。プロのトレーダーでも雇用統計を自分で予測するのはほとんど無理です。予想している人がいるとしたら、誰かのレポートを読んでいるかコンセンサスを適当に調整して言っているだけだとと思ってほぼ間違いないと思います。ですので、初心者は発表されるレポートとかをまずは鵜呑みにするしか方法はありません。

2. 雇用統計がそれをどれくらい上回るか下回るのかをドキドキしながら見る
コンセンサスとほとんど変わらなければ、発表前と後でおおきく市場は動かないはずです。大きくよければ基本的には株高ドル高になるでしょうし、悪ければその逆です。年に何回かは今回のようなサプライズがおきます。1年で1回もサプライズがないのは、逆に珍しいというか、そんなことはほとんどないと思ったほうがいいです。

3. その結果をどの解釈すればいいかを後で調べる
たまに雇用統計の内容とマーケットの反応が乖離することがあります。コンセンサスなのに売られたり、弱かったのに買われたりすることもたびたびあります。これはなぜそうなったのかをいろんな解釈を振り返りましょう。雇用統計は重要な数字なので毎回かならず大きな記事になります。ロイターブルーンバーグはプロのトレーダーもチェックしてるので、これを見るのがいいかと思います。

4. このプロセスを継続する
このようなプロセスを毎回やることで信頼できるエコノミストが誰かとか、他の重要な数字が何なのか(たとえば労働参加率) とかがわかるようになります。毎回の雇用統計について誰かの言葉を借りながらでも、ある程度語ることができたとしたら、あなたはもう初心者ではありません。逆にいうとマーケットのプロのほとんどはその程度さえ達していないんです。実のところ。

2013年4月 の結果
日経平均: 14607.54 ( 2209.63 17.82% )
ダウ: 14839.8 ( 261.26 1.79% )
ドル/円: 97.41 ( 3.22 )
ユーロ/円: 128.25 ( 7.52 )

日経平均: 13000 - 15500
ダウ: 14500 - 15500
ドル/: 95 - 105
ユーロ/: 130 - 135 

いやー、とにかく全てにおいて予想をうわぶれました。
また、うわぶれ方もまた、予想と違う形になりました。

まず、ドル円ですが、4月末時点ではこの水準ですが、現在は101円台後半です。
100円間近で何度もフェイルしてたので、少しだれるかと思いきや
雇用統計が強かったり、QEの縮小観測が語られたりで一気にドル高になりました。
ちょっと何処まで進むかわかりませんね。
105円位に節目があるんじゃないかとは思いますが、はっきり言って自信アリません。

続いてダウですが、これも堅調に推移しました。
こちらはまあまあ予想通りの展開でしたが、予想の上限といった感じです。
どこかで押し目があると期待してましたが、なかなか訪れませんでしたね。
Sell in Mayは今年はなしかもしれませんね。
引き続き押し目狙いで行こうと思います。

日経平均は予想をはるかに上回りました。
ドル円がもんでいる時でも、着実に資金流入してましたね。
特に新興市場の急騰具合はちょっと怖いくらいです。
火傷したくないので、個人的にここから手は出せないです。
はたして、このモメンタムがどこまで続くのだろうか。

ユーロ円ですが、これは堅調なアメリカ経済から
リスクオン通貨として買われた感じなんじゃないでしょうか。
決して、ユーロ圏が明るいとは思えず、事実ユーロドルは低下傾向です。
個人的には放置で行こうと思ってます。
 
--
免責事項:この内容は投資を勧誘するものでも、情報提供を目的とするものでもありません。従いまして、これらの情報の完全性は保証できません。また、ここに書いてあることで判断したいかなる損失に対しても著者個人の責任は負いかねます。 

今度から毎月月初にマーケットの予想をメモすることにしました。
ちゃんと書いてみないとなかなか反省とかできないもんですからね。

ということで2012年12月の反省から

■ 日経平均: 10,395.18
ずいぶんと勢いよくあがりましたね。
10000円で利益確定売りとかがでるかともおもったんですが。
原因は円安と新政権への期待でしょうか。

■ ダウ: 13,104.14
財政の崖の影響でしょうか、このあたりでもんでますね。
さすがに投資家としては、この問題を解決されずに、勢いよく買えないでしょうね。
年末ギリギリで何とか先送りになりましたが、また再燃するかもしれないですね。

■ ドル/円: 86.74
おおかたのアナリストの予想レンジをさらっと越えちゃいましたね。
日銀の金融緩和期待もあるでしょうけど、アメリカ経済への期待もあるでしょうね。
住宅市場も回復してますし、シェールガスもかなりのインパクトが期待されますからね。

■ ユーロ/円: 114.44
 小康状態になりましたね。
イタリア、スペインなどの金利も急低下してます。
ただ、この問題は先送りをつづけてるだけですから、いずれまた再燃する気がします。

 それを踏まえまして、今月の予想です。

■ 日経平均: 10,000 - 11,500 
海外の年金投資家はかなり日本株をアンダーウェイトしてきたそうですが
ニュートラルに戻してきているって話があって、急激に下がる話はなさそうですね。
日銀決定会合でマーケットの期待通りになって一旦ピークアウトってシナリオをみてます。
11,000以上はオーバーシュートかなって思ってますね。
僕はどこかのタイミングでアンダーウェイトしようと思います。

■ ダウ: 12,500 - 13,500
雇用統計が出てから、こんなの書くのあとだしじゃんけんみたいですよね。
失業率が上がったのが、なんだかなあ、って感じですが
結果としてはまあまあ、ってところじゃないでしょうか。
回復過程においては、いいニュースも悪いニュースも、いろいろでるもんですよ。
いいニュースばっかり出るようになったら、もうその相場も終わりってやつです。
長期的には強気にみてますが、1月に火がつくような話はないとみてます。
逆に行くと仕込み時かもしれないですね。

■ ドル/円: 80 - 90
日米金利差(2年)との相関をみるとあきなかに90円はあきらかに行き過ぎなきがします。
アメリカの金利上昇と日本の緩和を想定しても、これはやりすぎ感がありますね。
中期的なレンジとしては75-85あたりが、いいとこなような気がします。
90手前になったら、いったんアンダーウェートしようかなと考えてます。

■ ユーロ/円: 110 - 117
 ユーロ/ドルを見てもユーロをここから買っていくっていうチャートでもない気がしますね。
中長期的にみても、あんして買える様な感じではないですし
120行く前に高所恐怖症になるとみてますね。
すこしポジションがありますが、どっかのタイミングで解消しようと思ってます。


※ 免責: 以上の情報は著者のメモであって投資の奨励や情報提供を目的としたものではありません。
従いまして、この情報に基づいた判断による損失等の責任は負いかねますのでご了承ください。

↑このページのトップヘ