ネオヒルズ族として有名な与澤翼氏が自らのブログで敗北宣言しました。ブログの記事によると会社の資金がショートしてしまったとのことです。自社ビルや所有する車を売っても、尚間に合わなかったようです。
当初は、受け入れられなかったこと、これまでの全てはもう無くなるという現実も、今はすべて受け入れており、もはや物や金、見栄、プライドに対する執着を完全に消失しています。
ロールスロイスを売った時、自分の中で、これまで絶対に正しいと考えていた価値観が雪崩のように崩壊していきました。
彼は、秒速で一億稼ぐ男として、メディアで引っ張りだこでした。彼の出す本はめちゃくちゃ売れてたようです。実際にめちゃくちゃ稼いだんだと思います。後付けで評論するのもおこがましいですが、結局お金を稼ぐアイデアを出す能力と、ある会社を継続して存続・成長させる能力というのは、別のものだったのかもしれません。

彼は強気の人だったようなので、敵も見方も多かったんだと思います。ある程度のお金を持つと、人は急に集まってきて、そして金の切れ目が縁の切れ目とばかりに去っていきます。おそらくですが、彼も周りから急に人が去っていったんだと思います。まあ、そこで本当の友人が誰だったのかがわかるのかもしれませんが。

僕は、妬んでいたのかわかりませんが、なんか勘違いした人、というような目で彼を見ていました。といっても、クラスにいても友達にならないだろうな、という程度で別に特別嫌いというわけではありません。風貌と服装がイマイチだけだった、のかもしれません。

でも、今は彼に同情してます。僕は、倒れた人間をわざわざ踏みつけに行ったりはしません。自分と違う世界の人間なので、手を差し伸べることもできませんが、いつか復活してほしいな、と思います。僕は努力しても成功しなければ意味がないという哲学をもってますが、失敗に関しては寛容です。なんど失敗しても、最後に成功すれば勝ちだからです。今すぐってわけにはいかないでしょうけど、彼にはこの失敗を糧にして、いつかまたリベンジしてほしいと願っています。