タグ:個人情報

個人情報が盗まれてニュースになったりするが、自分の個人情報がそもそもどれだけ守れているかなんて考えたことないかもしれない。自分や家族の情報なんて、それこそありとやらゆるところに提供している。市役所・区役所、学校、会社、銀行、クレジットカード会社、保険会社、ネットショップ、ポイントカード、友達、恋人・・数えあげればキリがない。その全てが自分の情報をちゃんと守ってもらっているというのは、いくらなんでも考えが甘すぎるだろう。

情報はどこかに集められて、人間の手で管理されている。多くの人は情報を第三者になんて渡したりしないだろうが、それは確率の問題に過ぎない。ベネッセで情報をもらした犯人も、借金で金に困っていたのだという。本当に金に困っていたら、悪いことに手を出してしまうかもしれない。人間は弱い生き物なのだ。

そして、その弱い人は一定の確率でほぼ確実に存在する。警察にも役所にも銀行にも友達にも。だから、かならずどこかで情報が漏れている、あるいは漏れる可能性が十分にあると考えるのが妥当だろう。そもそも、ほとんどの個人情報なんて本気をだされたら、全く守ることなんてできないだろう。

まず、尾行されたら住んでいる場所なんて簡単にわかる。職場もわかるかも知れない。住んでる場所がわかったらポストをみれば名前もわかるし家族構成もおおむね見つかるだろう。ネットで調べれば、Facebookから情報がわかる。生年月日や学歴なんかは簡単に拾えるだろう。自分はほとんど情報を出していなくても友達の情報からおおむね推測がつく。

まあ、その辺もプロの探偵とかに頼めばより効率よく調べてくれるだろう。ちなみに、探偵にたのめば、携帯番号だけで、名前や住所をしらべてくれるそうだ。さらに預金の残高もしらべられるというから驚く。実は個人情報なんて既に漏れているのだ。まあ、銀行も携帯電話会社もあれだけ社員がいれば、悪いことする奴がいてもおかしくない。

これらが大問題にならないのは、ほとんどの人が直接の被害にあってないからだ。情報をしったところで価値がない人がほとんどだから、誰も本気で探したりしないに過ぎない。守られているというりも誰も攻撃していないという方が正しいのだろう。でも、一旦ターゲットにされ、数十万くらいのお金をだして本気をだしたらもう終わりだ。個人情報なんてその程度の薄い壁にしかまもられていないのだ。

僕は学生の頃、引越しをしてあらゆるところに別の住所を登録していた。たとえば、僕の住所が”○○県○○市○○1丁目ー1ー1 曙ハイツ201号室”だったとしよう。僕は住所をどこかに記入するたびに印をつけておいた。つまり、TSUTAYAだったら、曙ハイツ201A号室、学校関係だったら曙ハイツ201B号室、新聞だったら曙ハイツ201C号室、というようにだ。

このように住所を変えていても、郵便物等はほぼ間違いなく僕のとこに届く。だって僕の住むアパートに201はひとつしかないからだ。でも、僕の住所がどこかで流出したとしたら1発でわかる。なぜなら、僕はどこにどのような住所を登録しているかをちゃんと記録していたからだ。僕はいつ見知らぬ先から郵便物が届くのか楽しみにしていた。

ところが予想に反して、僕の住所が流出することはなかった。思ったよりも社会は健全なんだな、と思った。でも、ひとつだけ僕の罠にかかったところがある。テレビショッピングだ。僕が深夜番組を見ていたら空気ベッドが宣伝されていた。僕の家にはよく友達が泊まりに来ていたので、収納に便利で寝心地がよさそうな空気ベッドをかってもいいかなと思った。値段は9,800円と安くなかったが、まあいいかって感じで購入することにした。

某キー局のテレビショッピングから情報が流出するとは全然おもっていなかったが、いつもの癖で201Z号室としてベッドを申し込んだ。ベッドは予想より粗悪品だったが、想定の範囲内だったので、まあ良しとした。問題はその後だった。

「おめでとうございます!あなたはオーストラリアの宝くじに当選しています!」このような類の郵送物がひっきりなしに届くようになった。 それは例外なく「201Z号室」宛にだった。はは。なるほど。そういうことか。たしかにテレビショッピングでなんかを購入するようなやつは、やっぱり騙されやすいってわけだな。

結局のところ僕の知る限り住所が流出したのはそれだけだ。僕はキー局のテレビショッピングから情報が流出したときはおどろきだったが、同時に騙しやすそうな人の選択のうまさに対してはとても関心した。やはり騙される人は同じような人からおんなじように騙されているのだ。

耳を疑うようなニュースです。これが本当だとしたら、とても恐ろしいことで、ちゃんと報道されていない事は非常に問題だと思います。なんと、サムソンのギャラクシーにバックドアが仕掛けらててたようです。つまり、第三者がスマホの情報を抜き出したりできるような機能が意図的に組み込まれていたそうなのです

僕自身にわかに信じがたいのですが、これが本当だとしたら大変なことです。あなたのスマホにはものすごい情報があります。電話で話した音声情報、メールで送受信したテキスト情報、写真や動画、位置情報の推移、これら全てが抜き取られてどこかに保存さていたとしたらどうですか?とても恐ろしいことです。

そういう情報が漏れたり利用されたりという事件がないから別にいいのではないかと思ってはダメです。そういう情報をどこかで取られうるようなことが組み込まれていたこと自体大変なことなのです。

たとえば、あなたの体のどこかに電子チップがうみこまれていて、あなたの位置情報が話す内容がすべてどこかで監視されうる状態だとしたら、どうですか?あるいは家の中に盗聴器と盗撮器がセットされていて24時間監視されていたらどうですか?仮に誰かがそれを見たり聴いたりしていなくても、そういう状態がそもそも大問題ですよね。でも、恐ろしいことにそれは現実だったのです。普段持ち歩き、あらゆる情報がつまったスマホに実は監視される機能がうみこまれていたのです。

僕らはついつい信頼できる情報を新聞とかテレビに頼っているので、彼らが報道しないものは真実でないと疑ってしまいます。僕も本当なのかどうかは、確信できません。でも、一般のメディアがこのニュースに対して、妙におとなしいのが逆にとても不気味だし、とても恐ろしいと思ってしまうのです。

↑このページのトップヘ