タグ:出会い

ブログネタ
2014年の目標を教えてください! に参加中!
あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いします!

さて、みなさんは今年の目標はたてましたか?年も変わったことですし、今年やりたいことや達成したい目標を一緒に立てましょう。明確な目標があるとそれにむかって頑張れると思います。目標はちゃんと振り返って反省できることが重要だと思います。僕もいくつか目標を立てたいと思います。

1. 恋愛・婚活事情
ありがちな目標で「彼氏・彼女を作る」というのがありますが、僕はそういう目標はたてません。どんな人でもいいから彼氏・彼女を作るというのはそれほど高い目標とはいえませんし、場合によっては目標を達成できてもハッピーになれない可能性もあるからです。

僕は付き合うとしたら本当に心から好きな人と付き合いたいです。そのためには、ある程度多くの出会いが必要ですし、そこから発展させなければなりません。そこで今年の目標は「デート(新規・既知を含め)を月に2回以上する」です。 

彼女ができるかできないかは結局のところ運がかなり左右します。ですので、なるべく多くの人と出会って、多くの人とデートに持ち込むことが必要なんだと思います。

月に2回デートをするには、ただ出会いを待っていも達成できません。ですのでナンパなどをしながら主体的に行動し、出会いを求めていきたいです。そして、その出会いの中でデートまで持ち込めるようにしていければと思います。

出会う回数を増やすためには勇気があればできるかもしれませんが、デートまで持ち込んだりするには技術の他に、男としての価値を上げることが重要だと思います。それは以下の目標について努力することによって作り上げていこうと思います。

2. サイトのこと
現在はメインとして、iPAホームモテ・スクールとこのブログを運営してます。訪れてくれる人にとって価値のあるサイトにしたいと思っています。なるべく多くの人が楽しんでくれたり、何かの役にたてたりできれば嬉しいです。

そのためには、いい記事を書く事と、いいアプリを作る事に尽きると思います。そこで今年も目標は「週1回以上blogを更新すること、月1回以上モテスクールの記事を書くこと、今年中に4つ以上のアプリを作ること」とします。作ったもののマーケティングはとりあえず後回しにして、なるべくコンテンツを増やすことに注力したいと思います。

あまり周囲に流されず独自のものを書いたり作っていけたらいいかなと思います。

3. お金のこと
僕は株や為替などで資産運用をしてます。単純にお金を増やしたいというのもありますが、運用でリスクをとることは僕のライフスタイルになっています。今後世界がどうなるか、その結果株や為替はどう動くのか、物価はどうなるかを考えたいです。

考えることはそれだけでも意味のあることだと思います。しかしながら、ポジションをとらないことは、僕から言わせると結果に対して責任を負わないばかりか、自分の言ったことを忘れがちになってしまいます。株があがったり、下がったりしたときに「やっぱり予想通りだ」っていうことは簡単です。はっきりいって誰でもできます。なぜなら上がるまで上がると言い続ければ、いつか上がるからです。

だから僕は、金融経済についてどんなに知識がありどんなに雄弁であっても、ポジションをとらない人は信用しませんし、僕自身そうありたくありません。自分の予想する通りにポジションを作り、結果は損益で出るようにしたいと思っています。

そして今年の目標は「投資で200万円以上の益をだすこと」とします。僕の今の資産からはそれほど簡単ではありませんが、なんとか達成したいです。

4. サラリーマン人生のこと
なんだかんだ言って僕の今の生活でもっとも時間をかけているのがサラリーマンとしての仕事です。そして、ここでちゃんと結果をだすということは僕の生活にとってやはり一番重要です。しかしながら、結果をだすということがあいまいになってしまうのが、大企業病にあるサラリーマンの宿命です。

僕がサラリーマンにおいて最も重要だと認識しているのがブランディングです。「あのことについて詳しいのは○○君だな。彼に相談してみよう。」「新しく始まるプロジェクトには○○さんの知識が必要だな。彼にお願いしてみよう。」そうなることで、チャンスは必然的まわってきますし、活躍すればさらにブランドはさらに高まっていきます。

問題はどうやってブランディングするかです。それが自分のコントロールでちゃんとできるようにするかが重要になってきます。ここで具体的に書きませんが、僕には具体的な策はすでにあるので、ちゃんと実行したいと思います。誰にでもあると思いますが、僕には明確な比較優位があって具体的に差別化できるアウトプットを作ることができます。それをちゃんと実現していきたいです。

その結果としての僕の目標は「自分のブランドを確立すること」です。今年の冬にはあらゆる相談が自分のところに来るようになるといいです。

5. その他
あとは、本を書くこと、ワインエキスパートの資格をとること、ができればと思ってます。

目標を高く置く
多くの人は自分の限界を自分で決めてしまいます。やってもいないのに初めから無理だと決め込んでしまいます。それは勇気がないせいなのか、環境のせいなのかはわかりません。でもそうやって自分で自分を閉じ込めてはいけないんだと思います。

僕は人生は一度きりだと思っています。来世もないと思っています。だから、この今の人生を自分らしく生きることは義務だと思っています。両親や自分を愛してくれる人に対する義務、そしてこの世に生まれてきた幸運を手にした者の義務です。

僕は誰に笑われようとも高い目標をもちそれに向かって頑張ろうと思います。今年は一つでも多くの目標が達成できるといいなと思います。

ワインスクールの体験レッスンに行った。
もともとワインが好きでスクールに興味があったというのと、 
あわよくばそこに来ている女子に声をかけられると思ったからだ。

結論から言うと、その場にいた女子には全く食指がわかなかった。
めちゃくちゃ高い授業料が参加者の平均年齢を上げていたのと
そもそも参加人数が10名前後と母数自体が少なすぎたのが原因だろう。

それにしても、こういったスクールみたいな感じになると
一気にお互いが他人行儀でなくなるのが面白い。
たまたま同じ体験レッスンの隣にすわっただけなのに
話しかけてドン引きされることはまずないし、
共通の趣味があるというので、むしろ好意的にみられている、と言っても良かった。

街でナンパするとこうはいかない。
たとえ、共通の趣味が見られそうなところであっても、
かなり多くのケースでは驚く程の警戒心で対応されるのがオチだ。 

ワインスクールの主催者自体も出会いを奨励する向きがあった。
おなじ趣味の友人ができますよ、みたいな。
結局のところ男も女も”健全な”出会いをもとめているし、
その需要を利用できるということをスクールはちゃんと知っているのだ。

”健全な”出会いは、どうやって演出できるのだろうか。
それができれば、効率のいいナンパができるのだが。。

↑このページのトップヘ