■ 寄付金控除とは?

寄付金控除というのをご存知でしょうか?

特定の団体に寄付をすると、確定申告によりその一部が戻ってくるというものです。
どのくらい戻ってくるかというと”寄付金-2,000円” が戻ってきます。
つまり自己負担は2,000円ってことになります。

え?10万円寄付しても、98,000円戻ってくるの?
って思うかもしれませんが、それは実は人によります。
というのは寄付金控除には上限があるからです。

これは概ね住民税の1割程度です。
毎月住民税を10,000円払っているとすると、年間で120,000円なので、
その1割の12,000円までが寄付金控除の範囲になります。

つまり、この例でいいうと12,000円までの寄付ならば、
自己負担は2,000円で抑えることができます。
(それ以上の寄付は単純に自己負担になります。)

■ ふるさとの納税とは? 

ふるさと納税とは地方自治体に対する寄付のことです。
別に自分の地元でなくても、寄付することができます。

自治体によっては寄付すると”お礼の品” として地元の名産品を送ってくれます。
場所によっては、和牛肉だとかカニとか結構高価なものもありますね。

 ■ ふるさと納税で得をする

実はふるさと納税は寄付金控除の対象になります。
ということは、、ふるさと納税すれば2,000円の負担で
2,000円相当以上の名産品をゲットすることができるかもしれません。


これは給料の高い人ほど得をする可能性が高いです。
たとえば給料が高くて月に10万円の住民税を払っているい人は
12万円までの寄付は確定申告により2,000円の自己負担を意味します。

ふるさと納税の”お礼の品”は大体1万円の寄付に対して
5千円相当のものが相場になっています。


したがって、12万円の寄付金をすると6万円相当のお礼の品を、
わずか自己負担2,000円でゲットできてしまうのです! 

■ ふるさと納税の欠点

おおきな欠点はふたつあります。
  1. 確定申告がめんどくさい
  2. 住民税は来年に本来支払う分の負担が減るということなので、あまり得した実感がもてない。
普段払っている住民税が高く(お金持ち)で、
確定申告がそれほど苦ではない人にとっては相当メリットがあると思います。

 
■ おすすめの自治体 

僕のオススメの自治体を以下に上げておきます。
興味があったらググってみてください。
米子市、出雲市、山口市、飯南町、津和野町、上士幌町、浦幌町、香美町、愛南町
基本的に肉や魚がくると嬉しいですよね。