タグ:小保方晴子

とある科学の学会で、その分野の重鎮が主催する学会があった。その学会で、ひとつの事件がおきた。ある若手の研究者が自分の論文を発表するのだが、その論文がその重鎮がこれまでやってきた成果を真っ向から否定するものだったのだ。その若手科学者は、まさにその重鎮の目の前で、その成果をこきおろし、その場に居合わせた多くの科学者たちを凍り付けさせた。

発表が終わると、重鎮の科学者は若手科学者に近寄った。そして、手を差し出してこういったのだという。「なんてお礼をいったらいのだろう!君は、僕がいままでずっと間違っていたということを、たった今、教えてくれた!どうも、ありがとう!」それに居合わせた若き日のリチャードドーキンスは、その姿にとても感動した。そして自分も科学者になろうと決意したのだという。

科学とは、理論と実験で真実を探る、極めて神聖な戦いである。理論を主張する人が、若手だろうが、KYだろうが、実績があろうがなかろうが、ましては国籍や性別や信じる宗教がなんであるかなんて関係ない。それを主張する人の過去に、いかなる不手際があろうが、いかなる美人であろうが、それによる利害関係者が誰だろうが関係ない。理論と実験により、それが真実がなんであるかを明らかにする義務が僕たちにはある。

小保方さんの足を引っ張るのはもうやめにして、彼女には検証可能な形でSTAP細胞を再現してもらおう。その前に彼女を科学から葬り去っていはならない。もし、再現できたとしたら、それは大発見には変わりはない。咎められる不正があり、それに対する罪は償ってもらったとしても、STAP細胞に関する賞賛は惜しむべきではないだろう。

彼女を科学から葬り去って、数十年後にSTAP細胞が再現されたことを想像してほしい。その間に世界に対してできたであろう多くの貢献を踏みにじってしまう。そうだとして、今度罪を咎められるのは、葬り去った人々のほうだろう。

もし、小保方氏を研究者として葬りさりたいのなら、再現ができないことがわかったり、検証可能なプロセスを拒否した後でやればいいのだ。

これだけ短期間に評価が乱高下する人も珍しいと思う。理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダのことだ。万能細胞STAPがイギリスの科学誌「ネイチャー」に掲載されて、マスコミでも大々的に報道された。研究の斬新さに加え、割烹着で研究する"リケジョ"キャラもうけて一躍話題の人となった。

ところが、 その論文に使わている画像に対して対していくつかの疑念が生じた。現在のところ、単なるミスであり研究成果には影響しない、という主張だそうだが、一部では論文を一旦取り下げて再調査すべきだとの声も出ている。さらに論文には明らかに無断引用されている部分があり、彼女の過去の論文においてもそのような無断引用と思わしき部分みつかったことが話題になっている。

現状を整理すると、こんな感じだろう。

まあさあ、気になるかもしれないけど、一旦このことは忘れてそっとしてあげようよ。単なるミスかもしれないし、ちょっとズルしたんだったら、ちゃんと謝ったところで許してあげようよ。研究成果に影響してなかったら、大発見に変わりはないから、それはそれで褒められることだし、もし致命的に影響することだったら、まあ残念だけどまた頑張ってね、って感じで良くないかな?

今の報道をみていると、なんか成功者の揚げ足をとって、転落するのを楽しみに見ようとする人間の嫌な部分が垣間見れて気分が悪くなる。もちろん、報道されている疑念が正しかったとしたら、たしかによろしくないし、ある程度咎められても仕方ないかもしれない。でもさあ、大学行った人はレポートするときコピペしたことあるでしょ?代返とかカンニングとか、ちょっとしたチョロまかしとかあるでしょ?僕はあるよ。

僕の勝手な予想だと、彼女は研究熱心で頭はいいけど、ちょっとだけちゃっかりもので、そのくせ脇の甘いところがある、かわいいキャラなんだと思う。みんな彼女が自分の大親友だったと想像して、このニュースに接して欲しい。この騒ぎにかなり嫌気がさすと思う。僕は別に友達でもなんでもないけど、マスコミが執拗に追いかけているのをみると、とても嫌な気分になるのだ。

↑このページのトップヘ