タグ:就活

就活をしていると採用プロセスの中にグループディスカッションという選考に出くわすことがあると思います。グループディスカッションとは、少人数(5人~10人くらい)で共通のテーマで議論をしたり、何かの課題に対してグループで解決案を出したりというものです。

他の採用プロセスと同様に、グループディスカッションにも運に左右されることも大きいと思います。たとえば、テーマについて、詳しかったりとか、全くの無知だったりとか、あるいは参加している人で強者がたくさんいるとか、変な人がいてかき回されるとかです。そのように運に振り回されることもあったり、実力の有り無しが影響したりしますが、グループディスカッションで気をつけるべき共通点が二つあります。それだけは外さないように気をつけましょう。

まず、一つ目ですが、1番目か2番目に発言をすることです。10人のグループディスカッションではだいたい以下のような結果になると思ってください。
  1. 印象なし:6~7人 ⇒ NG
  2. 嫌な印象:1~2人 ⇒ NG
  3. 好印象:2~3人 ⇒ OK
まず重要なのが、「印象なし」、というのを避けるということです。どんなに難しいテーマだろうと、どんなに周りが頭が良さそうだろうと、1番目か2番目に必ず発言してください。どうしても、思い当たらなければ、「難しいテーマですね。みんなで5分づつ考えて意見を出し合うのはいかがでしょうか?」というのでもいいと思います。また、誰かに先に発言されたら、「それはとても面白い意見ですね。特に○○の部分は・・」みたいに最初のリアクションをとりましょう。

こういうディスカションをすると、「まず、まわりの動きをみてから・・」という戦略をとる人がいます。ダメです。それは何もしないまま「印象なし」で終わります。こういうディスカッションでは最後の最後で大逆転はありません。常に議論の流れにいてください。「印象なし」で終わるだけは避けましょう。これは運や実力とは関係なく、勇気だけで解決できます。最後には「まだ、意見出されてない方にも聞いてみたいですね。」というくらいの余裕を見せましょう。

つづいて、二つ目ですが、怒ったり興奮したりせず冷静に議論する、ということです。「嫌な印象」を避けましょう。これは簡単なようで実は難しいことです。嫌な印象というのは、多くの場合、感情的に議論することによって、相手に印象づけます。意見そのものが正しいかどうかではありません。たとえ、正しい事を言っていたとしても、興奮気味に話して他の参加者を論破する人は社会適応能力がないとみなされてしまします。

ここで重要なのが、ただしい結論を向かわせるために議論をしているのではない、と正しく認識することです。結論や方向が正しいかどうかではなく、ただしく議論することが重要なのです。それができるかどうかが問われています。そもそも非常にレベルの高い議論を学生が短時間でできるわけがないですし、それを狙うべきではありません。自分の意見をだしつつ、常にまわりの意見も柔軟に取り入れてください。たとえ、あなたが一人だけ正しかったとしても、まわりの意見を取り入れる柔軟性を見せましょう。

たまに、興奮する人が同じグループにいてあなたを論破しようとするかもしれません。そんなときはムキなって反論したりすると、「嫌な印象」に道連れにされてしまいます。そんなときは、相手の主張を最後まで聞いたあとに、ニコッ笑顔を作りましょう。そしてこういってください。「たしかにそういう意見もあるかもしれません。私とは○○という論点で意見が分かれてますね。みなさんの意見も聞いてみましょう。」これであなたの勝利は確実です。

本当のことをいいます。就活のグループワークなんてクソです。議論のための議論なんて無意味です。空気を読んで周りに迎合するようなチームが強い訳ありません。だから、本当の議論においては、空気なんか読むこともないし、アホな奴がいたら論破して追い出してやるべきだと思います。ただ、これはルールが違うゲームです。ただしい結論のために議論ではなく、いい印象を残すための議論なのです。本当に正しいことは内定を勝ち取ってからやってください。就活のクソグループディスカッションはおままごとだと思って冷静に付き合いましょう。

就活でもっとも重要なのは面接官に気に入られるかです。それを意識することが重要です。そのためには、普通のサラリーマンがどういう人たちかを知る必要があります。それを踏まえたうえで面接に臨みましょう。試されているのは、就活生の潜在能力そのものというよりは、そういったマーケティング能力やプレゼン能力です。

では、普通のサラリーマンとはどういう人たちでしょうか?実は、普通の就活生とまったく変わりません。高校生の時って大学生を、すげー大人だなーって思ってましたよね?ところが、全然違いましたよね? それと同じです。社会人もみんな一応に適当で、自分より年下で経験のない人には上から目線だったりして痛かったりします。

そういう人たちに評価されて人生が決まってしまったりするのは、本当に酷い話ですが、現実ですからしかたありません。そういうマーケットだと思って、自分を売り込むマーケティングしてください。一般論ですが、世の中にはびこるサラリーマンに好まれる基本的な要素を上げていきましょう。
  1. 最低限の事務処理能力がある。(つかえる奴)
  2. コミュ障ではない。(ふつうに話せるやつ、話が長すぎない)
  3. いいやつ。(キレたりしない。怒られたらビビったりして反応が素直。)
  4. いっしょに飯とか行ってもはずかしくない。(身だしなみが悪くないとか。バカすぎないとか。)
  5. 自分より優秀すぎない。(立場がおびやかされない。) 
  6. ちょっとだけ他の人と違う。(印象を残す)
基本的にバイトの先輩とか部活の先輩に近い存在だと思ってください。相手も大した事はありません。サークルで副部長やってました!とかアホなアピールもしてたはずです。でも、逆に適当な嘘はバレます。彼らもそういう事してきたわけなんで、そういうのはすぐにわかるんですよ。だから、大げさなこと言ってバレたりしたら、すみません、アピールしたかったので少し大げさに言っちゃいました、ていうほうが印象がいいと思います。

下手に優秀さをアピールするほうが失敗するかもしれません。上の2・3・5に抵触する恐れがあるからです。面接官は自分がバカなのに上から目線でいたいので、学生が優秀で自分の理解できないことを言うと、コミュニケーション能力が低い!とかいいます。ほんと馬鹿げてますが。

いい女すぎるとモテなくなるのとおんなじです。就活は恋愛に似てますからね。 

友人がどうしてもというので、就活中の大学生と食事をすることになった。僕の行っている会社にとても興味があるそうで、ぜひ話をききたいとのことだった。まあ、友人のお願いだったので仕方なく行ったのだが、マジで時間の無駄だった。その人(♀)自体も面白味もなければ、頭のキレもいまいちだし、これといった経験を持ち合わせているわけでもなかった。(ちなみに美人でもなかった。)

まあまあ、普通の学生なら致し方ないところだったのだが、その子の悪い所は図々しいほどにガツガツしているところだった。

転職とかもバリバリできる感じに専門能力をつけたいです!あっ文系なんで今は専門能力とかはないですけど。それに海外とかにも興味あります!えっ?英語は全然ダメです。TOEICはずいぶん前に受けただけですね。あと、できれば一年目から専門部署とかで経験できるところで働きたいです。 最初は普通営業とかさせられるじゃないですかー?そういうのとかダメなんですよね、私。

うん、なるほど。君が気合が入ってるのはよくわかるよ。向上心があっていいね。でもね、普通に考えてみよう。君の学歴が悪いとは言わない。でもね、君の行きたいような会社には東大卒業だけで100人以上いるのよ。大学院いっている人だってたくさんいるし、中には弁護士や公認会計士とっている人もいるわけ。当然、帰国子女もいるから英語がネイティブ並にできるひともたくさんいるのよ。もちろん学歴や資格だけが全てじゃない。けど、最初の一年目でその人たちを差し置いて自分を特別扱いさせてくれる何かってあるの?ないよね? 残念ながら最初は優遇させてくれないかもしれない。けど、君が本当に実力を発揮できるんだったら働いているうちにチャンスをもらえるかもしれない。まずは、それに応えてからからだよね。 

まあ、そんなような一般論を話して諭したら、その場は普通に納得してくれたけど。就活は謙虚にスマートにやるのがいいよね。

エントリーシートを書き終わった後も、僕は何度も何度も時間をかけて見直した。ここに書いてある自己アピールと志望動機をみられたら、僕はたぶん、孫の代まで笑われるだろう。だが提出までに時間をかけてはいけないと思ったので、ボタンを押す直前に最後の見直しをしてから、エントリーシートを提出した。提出した後にはどこか不思議と清々しい気持ちになった。僕は、ついにラブレターを出してしまったんだ。もう後戻りはできない。

WebのSPI試験のお知らせがメールできたとき、想定通りだったにも関わらず、少しテンションがあがった。やはり自分の希望するところからなんらかの連絡があるとそれだけで嬉しいのだ。でも、僕は迷っていたことがあった。SPIは自分でちゃんと受けるべきか、それともズルをして友達と一緒にやるべきか。みんなズルしてるからバレないとは思うものの、ズルをして不自然な得点になり落ちたら悔やまれる。僕はどうするべきなんだろう。

結局、僕はズルをしてSPI試験に挑んだ。自分ひとりでは絶対に成し遂げられない結果をだせたときは、なぜか自分でやったかのように胸を張ってしまった。こんなにすごい自分ならきっと返信をしてくれるはずだ。絶対に僕の事をきにいってくれるはずだ。根拠が薄弱なのにもかかわらず強気な気持ちになったのは、おそらく自信のなさの表れなんだと思う。あらかじめ通過率の情報を得れなかったので、僕は地獄の1週間を過ごさなければならなかった。

面接の日程メールが来た時の喜びはひとしおだった。エントリーシートを再び読み直し、面接で聞かれるであろうことを想像した。質問があるかきかれたときに何を聞くかも決めていた。その会社を訪問するのが楽しみだった。どんな人にあえるかを考えるとワクワクした。

初めてその会社の人もみると背筋が伸びた。ここの会社の内定をとり、今まさに活躍している人だ。もしかしたら、この人は僕の先輩になるかもしれない。そう思うと自分が何もかも見透かされているような錯覚にとらわれた。面接で気をつけるべきポイントは何度も確認した。声は大きく、自信を持って、謙虚さをわすれず、身振り手振りでしっかりアピール。

でも、できなかった。声は震えたし、手も震えた。こっちを見られると馬鹿にされているかのような錯覚をうけた。下を向いて歩く帰り道で、僕はとても惨めな気持ちになった。なぜなら、まだ可能性をすてきれていなかったからだ。2週間以内に連絡がくるかもしれない。僕は無理だと自分にいいきかせながらも、実は少しの可能性に猛烈に期待していた。

2週間を1日すぎても連絡がこなかった。情報によると、1週間以内に返事がなければもうダメらしい。もう認めざるを得ない。僕はダメだったのだ。あれだけ行きたいと思っていた会社に僕は行けなくなった。僕の夢は叶わなかったのだ。ほかの誰かが面接を通ったという連絡をきくと、おめでとうと笑顔で言ってみたが、とても嫌な気持ちになった。 人の幸せを妬むなんてしたくなかったが、妬む自分をどうすることもできない。

僕は総合的な人間性を否定された気分になった。僕はどこか別の会社に入ることができるのだろうか。まわりの人に比べて就職偏差値が低い会社にしか内定貰えなかったどうすればいいんだろう。僕は漠然とした不安をかかえながら、今日もエントリーシートを書きながら、面接の日程を埋めていくのだった。

って感じになるかもしれませんが、就活生の皆さんがんばってくださいね! 

↑このページのトップヘ