タグ:恋愛

付き合う前のデートはとても難しい。

ガツガツしすぎてもダメだし、草食系はもっとダメ。自慢する人はカッコ悪いけど、自信なさげはもっとカッコ悪い。女慣れしてそうなのは遊ばれそうで警戒しちゃうけど、おどおどしてよってくる人はストーカーになりそうで怖い。すぐに事を運ぶ人はチャラくて嫌だけど、奥手過ぎる人は結局どうでもよくなっちゃう。

女の子はかくも繊細で、僕らは綱渡りをするかのように、やさしくて頼りがいのある男にならなくてはならい。そのためには、ただ愛すればいい、のではなく、しっかりと分析して訓練しなくてはならない。そして、デートの度に、どこがよくてどこが悪いのかを分析し、上達していかなければならないのだ

デートがうまくいかなかったときは、やけ酒でも飲んで、愚痴でも言いたくなるだろう。でも、それだといつまでたっても同じ失敗を繰り返すだけだ。相手の人間性を否定したり、運のせいにしていたら、恋愛に限らず何事もうまくいかない。僕らは自分のどこが悪かったのかを謙虚に反省しなければならないのだ。

僕が最近失敗するのは、恋愛ステージの最後の難関である「付き合い率」だ。この確率がどうしても高まらない。ある女の子はキスをしたら泣かれてしまい、ある女の子は2次会を笑顔でキッパリと断られた。その度に、あとのきはもっと好意を伝えるべきだったとか、もっとゆっくりと距離を縮めるべきだったとか、押したり引いたりをもっと繰り返して揺さぶるべきだったとか、思い返せば色々だ。

本当に素敵な女の子に出会えてデートできるチャンスというのは、そう多く与えられない。そして、その与えられた期間はほんのわずかの間だ。制限時間が大幅に短縮された1回だけのスーパーマリオみたいなものだと思う。いつか出会える素敵な女の子と共に幸せになるために、僕は真剣に恋愛をしていこうと思う。

以前、好きな女の子が既読スルーするようになってしまった事について記事を書いた。残念ながら、返信はなくこれにてほぼほぼ終了になってしまった。まとめると以下のような感じだ。
  1. パーティーで合う:いちおう色々と会話も出来たし、LINEの交換もできた。
  2. デートに誘う:食事に誘うが最初はニュートラル以下の反応。しかし、途中からOKになる。
  3. デートをする:とにかく楽しく話した。デート直後のメッセージも悪くない。
  4. 2回目のデートに誘う:既読スルー
  5. 再度メッセージ:既読スルー ←いまここ。
 
最初の1の段階でほとんど無理だったのかもしれない。結局のところ初対面の段階でしっかりとストライクゾーンに入っていないと、その後の挽回は難しい。しかし、この子は特に僕の好きなタイプだったからそれでも頑張った。2のデートに誘ってOKをもらえた要因は、しつこくしなかった事と途中でデート以外のトークをかませたことだったと思う。

3のデートは悪くないものだったように思った。今回の作戦は初回のデートはとにかく楽しくデートすることに接するというものだったのだが、もっとそこで好意を感じるような攻めが必要だったのかもしれない。とにかく確率の低い難しい相手だった。

4の段階では、問題なく次のデートがあるものだと踏んでいたために、既読スルーされるのは精神的に辛かった。理由は未だによくわからない。おそらく、最初から異性としてはストライクゾーンに入っていなかったため、2回目のデートには足が向かなかったのだろう。

5の段階では、メッセージに簡単な好意をつけておいた。「乗り気じゃないみたいだね。君のことが素敵だと思っていたからまた会いたかった。気が向いたらまた飲もう。」という趣旨だ。クリスマスになったら、メリクリメールで復活をかけよう。これで最後だ。

自分の進め方として良かった点は、相手の返事がないからといってメッセージを繰り返し出したりしなかったことだ。好意が強ければ強いほど、これを冷静にすることが難しくなる。絶対にうまくいく方法なんて存在しないけど、絶対にうまくいかない方法は存在する。それは、しつこくすることだ。既読スルーには最低でも1週間以上の時間をあけること。これが復活のための必要条件だ。これを守らなければほぼ確実に失敗する。

悪かった点は、1回目のデートは楽しくすることに徹するという戦略そのものだったと思う。パーティーで会った時に好意のサインが全くなかったのだから、また次も会いたいと強く思わせるように、彼女の印象をかえないといけなかった。そのための戦略なしに、ただ楽しく話をしていたということがうまくなかった。現状を好転するのに適切な戦略ではなかったのだ。次回にはもうすこし現状を分析して、適切な戦略を立てていこうと思う。いくらしっかりと遂行できても、適切な戦略でなければ、それに意味がないどころか、逆効果になってしまうことだってあるのだ。

最近また婚活の調子が悪い。出会いがない、というわけではない。そもそも出会いがないと言っている人の大半は単に言い訳ばかりする人なので、その人達とはいっしょにしてほしくない。出会いは主体的に作るものなのだ。僕は、そんな初歩的なところでオロオロしているわけではないのだ。

ただ、なぜか知らないけど、波が引いていくようにいきなりモテなくなる事がある。今がそういうときだ。ついこの前は、全然つながりのない3人くらいから、唐突にLINEで「会おうよ」みたいな連絡がきて、これはいい波がきたなと思ったところだった。だが今は、飲もうよっていう連絡をいれても尽く無視される始末だ。いったい、何なんだろう。単なる偶然なんだろうか。

もっとも痛いのは、とあるパーティーであった女の子だ。

ちょっと年が離れすぎてはいたけど、ルックスもキャラも僕好みの女の子だった。ちゃんとそのときに連絡場所を交換することができたので、LINEでやりとりしながら、とりあえず1回目のアポを取ることができ、このまえ食事に行った。

その日に気をつけていたのが、①シュートは打たないことと、②自分の価値をさりげなくアピールすること、③楽しませることだ。 ①は、何も難しいことはなく、②についても、ある程度は達成できたと思っていて、③についても、しっかり笑いをとっていたので、僕的には2回目のアポが取れるのは固いと思っていた。シュートはそこで打つつもりだった。

食事のあと、相手からLINEが来た。「今日はごちそうさまでした!超楽しかったです!」みたいなノリノリの印象をうけたし、それに返信すると、相手からもそれにたいする返信があった。問題はその後だった。

食事をしたときに次のアポをとってなかったので、数日後に再度LINEをした。来週末あいてる?また食事でもどう?って感じだ。だが、そこからは既読スルー状態だ。あれ?あれから何があった?全くわからない。

僕は、その女の子が年で1回あえるかどうかくらい評価の高い女の子だったので、ショックは大きかった。僕は、イライラし始めてきた。そして、それは負けのサインだった。そこからはしつこくしてはいけない。僕は自分の決めたルールに従って、2週間ほどやりとりは控えることにした。2週間後に「元気してるの?」というシンプルなメッセージを送る。復活の可能性は小さいが、その可能性を最大限にいかすとしたらそのくらいだろう。

はあ。。久しぶりに、とても残念な気分だ。。

LINEで連絡をやり取りすると、既読がなかったり、既読があっても返信がなかったりすることありますよね。相手によっては気になって仕方なくなります。全然返信が来ないのに、Facebookで楽しそうなリア充ぶりがアップされたりすると、ムカついてきますよね。そのイライラは負けのサインです。そんな苦しいとき、相手から絶対に返信がほしいとき、いったいどうすればいいでしょうか?

結論から言いましょう。かならず返信をもらえる方法なんてありません。当たり前です。タイトルに騙されてここに来た方は気をつけてください。どうしても返信が欲しい時は藁にもすがる思いで、誰かに相談したりするかもしれません。そんな気持ちになるときもあります。けど、その弱みつけこんでくるやつを信じてはいけません。世の中には望んでも手にできないものの方が多いのです。ドラマの見過ぎでイタい行動しないようにしましょう。

でも、可能性がゼロではない限りわざわざ諦めることもないでしょう。そのために重要なのは、やってはいけないことをやらないことです。絶対に成功する方法はありませんが、絶対に失敗する方法があるのです。えてして、みんなそれに陥ってしまします。まずはそれを避けなければなりません。それは、①しつこくすること、②説教すること、です。

返信がないということは、あなたに対する評価はそれなりに低いものだと認識しましょう。自分にとって大切じゃない人が、しつこく誘ってきたり、返事のないことを説教してきたりすると、その人に対する評価はますます低くなる一方です。感情に任せて行動しても、後悔しかうみません。まずは、やってはいけないことをやらないことが重要です。

とりあえず、2週間くらいは様子をみて、再度連絡してみましょう。それがもっとも返信を高める方法です。もしかすると、状況は良くならないかもしれません。でも、そのときはそのときで仕方がないのです。とにかく時間をおく。それにつきます。そのことで、少しでも感情的な行動で失敗するリスクを減らし、相手の心境がいい方に変化するのをまちましょう。

絶対に返信がくる方法、なんて文言に騙されてはいけません。普通に思考実験して見ればわかりますが、あなたがどうしても返信してしまうような異性からの連絡なんて存在しないですよね。 それと同じです。



この記事を面白いとおもってくれたり、何かの参考にしていただいた場合は、是非、Twitter、Facebook、はてブ、などでシェアしてください!励みになります。 

僕は合コンとかであった女性には完全な脈なし以外全員を誘うことにしています。たまにド本命しか誘わない律儀な人がいますが、得てしてそういう人はモテません。だって、試合慣れしてないスポーツ選手が本番でいいプレーなんてできるわけないですよね?実践の営業経験のない人がいきなりビックディールをこなせるわけないですよね?経験がなかったり実践慣れしてないと、いざという時に初歩的な凡ミスをしたり、下手に感情的になってしまうんです。それと全くおんなじなんですよ。誠実さはちゃんと彼女をモノにしたあとで発揮すればいいんです。

そういう感じで、僕は合コン後とかに、いろんな女の子をデートに誘いますが、やっぱ断られる方がずっと多いですね。僕の力不足というのもあるんでしょうが、合コンでの出会いではそのメカニズム的に断れるのが普通ですから、まあ仕方ないですね。おかげで、いろんな断られ方を経験させてもらいましたよ、はい。

Sample

それにしても、いろんな女の子とLINEでやりとりすると、そのリアクションで、あー、この人はこのパターンで断ってくるのかー、ふーん、っていう感じのLINEソムリエになってきますね。僕の知ってるパターンはだいたいいかに分類されます。

鉄壁型
一回も既読されないパターン。さすがにあまりみないけどナンパで連絡先交換した人でたまに見かけます。たぶん、連絡先交換してほぼ直後にブロックしたんだと思います。ここまで用意周到だと、不愉快どころがむしろ気持ちがいいですね。

ドア閉め型
非常によくある、というよりお断りの大半はだいたいこのパターン。

自分「昨日はありがとう!また飲もう!」
相手「こちらこそ、ありがとうございます!楽しかったです!はい、是非また飲みましょう♪」
自分「再来週金曜日とかどう?」
相手(既読スルー)
・・数日後
自分「予定はどうかな?」
相手(以後、既読なし) 

連絡先交換したあとの社交辞令的な挨拶は気持ちよく対応するけど、いざ誘われると断るわけではなく、いきなりドアを閉めるがごとくブロック。まあ、こういう薄っぺらい、かるーい感じがLINEのいいとこかもしれないですよね。否定はしません。都合がいいときは皆にいい顔しながら、都合が悪くなると逃げるタイプの人たちですね。まあ、ほとんど日本人はそんなもんです。え?否定してませんよ?全然。

ごめんなさい型
はっきり断るタイプ。たまにしかいません。パターンも、無理!とか(笑)、NGです!みたいにはっきり言う場合もあれば、二人はちょっと無理です。。みたいに限定的に却下するパターンもある。個人的にはとても好感もてます。人は都合よく皆にいい顔したいんで、こうやって都合の悪いこともはっきり言える人にはとても関心します(といっても、相手からは断られてるんですが。)。だから、僕は「きっぱりと言ってくれてありがとう!」と返すことにしています。

スルー型
ドア締め型に近いんですが、ブロックをしないタイプです。最初の社交辞令あいさつは返すけど、デートに誘おうとすると既読スルー。でもブロックはされない。というパターンです。ブロックの仕方がわかんないか、なんて返したらいいかわかんないまま放置している、というところでしょうか。でも、このパターンはたまに復活します。時間をおいて(数週間から数ヶ月)、「ひさしぶり!元気ですか?」みたいな感じで送ると返信がきてアポをとりつけられたりもしますね。しつこくするのは絶対ダメです。

おとぼけ型
これもたまに見ます。学生とか社会人になりたても若い人に多いパターンです。よくあるのが、「今、まだ予定がわからないので、わかったらまた連絡しますね。」というやつです。ほっといたら、連絡こないか、連絡きても、「仕事で厳しいです」みたいな変な理由で断られます。このパターンはスルー型と同じで、時間をおいて再トライするとタイミングによってうまくいくことがありますが、しつこく「じゃあ、翌週は?」みたいな感じで誘うとブロックされちゃいます。僕の予想ですが、このパターンの人がめんどくさくなってドア閉め型になるんでしょうね。

この記事を面白いとおもってくれたり、何かの参考にしていただいた場合は、是非、Twitter、Facebook、はてブ、などでシェアしてください!励みになります。

↑このページのトップヘ