今度から毎月月初にマーケットの予想をメモすることにしました。
ちゃんと書いてみないとなかなか反省とかできないもんですからね。

ということで2012年12月の反省から

■ 日経平均: 10,395.18
ずいぶんと勢いよくあがりましたね。
10000円で利益確定売りとかがでるかともおもったんですが。
原因は円安と新政権への期待でしょうか。

■ ダウ: 13,104.14
財政の崖の影響でしょうか、このあたりでもんでますね。
さすがに投資家としては、この問題を解決されずに、勢いよく買えないでしょうね。
年末ギリギリで何とか先送りになりましたが、また再燃するかもしれないですね。

■ ドル/円: 86.74
おおかたのアナリストの予想レンジをさらっと越えちゃいましたね。
日銀の金融緩和期待もあるでしょうけど、アメリカ経済への期待もあるでしょうね。
住宅市場も回復してますし、シェールガスもかなりのインパクトが期待されますからね。

■ ユーロ/円: 114.44
 小康状態になりましたね。
イタリア、スペインなどの金利も急低下してます。
ただ、この問題は先送りをつづけてるだけですから、いずれまた再燃する気がします。

 それを踏まえまして、今月の予想です。

■ 日経平均: 10,000 - 11,500 
海外の年金投資家はかなり日本株をアンダーウェイトしてきたそうですが
ニュートラルに戻してきているって話があって、急激に下がる話はなさそうですね。
日銀決定会合でマーケットの期待通りになって一旦ピークアウトってシナリオをみてます。
11,000以上はオーバーシュートかなって思ってますね。
僕はどこかのタイミングでアンダーウェイトしようと思います。

■ ダウ: 12,500 - 13,500
雇用統計が出てから、こんなの書くのあとだしじゃんけんみたいですよね。
失業率が上がったのが、なんだかなあ、って感じですが
結果としてはまあまあ、ってところじゃないでしょうか。
回復過程においては、いいニュースも悪いニュースも、いろいろでるもんですよ。
いいニュースばっかり出るようになったら、もうその相場も終わりってやつです。
長期的には強気にみてますが、1月に火がつくような話はないとみてます。
逆に行くと仕込み時かもしれないですね。

■ ドル/円: 80 - 90
日米金利差(2年)との相関をみるとあきなかに90円はあきらかに行き過ぎなきがします。
アメリカの金利上昇と日本の緩和を想定しても、これはやりすぎ感がありますね。
中期的なレンジとしては75-85あたりが、いいとこなような気がします。
90手前になったら、いったんアンダーウェートしようかなと考えてます。

■ ユーロ/円: 110 - 117
 ユーロ/ドルを見てもユーロをここから買っていくっていうチャートでもない気がしますね。
中長期的にみても、あんして買える様な感じではないですし
120行く前に高所恐怖症になるとみてますね。
すこしポジションがありますが、どっかのタイミングで解消しようと思ってます。


※ 免責: 以上の情報は著者のメモであって投資の奨励や情報提供を目的としたものではありません。
従いまして、この情報に基づいた判断による損失等の責任は負いかねますのでご了承ください。