タグ:社会人

新入社員の皆さん、就職おめでとうございます。社会人生活はここまでいかがでしょうか。僕は社会人生活・サラリーマン生活が10年以上になりますので、新入社員の皆さんにもある程度のアドバイスができるかもしれません。僕が皆さんにアドバイスできる立場としてふさわしい人間かどうかわかりませんが、このサイトに訪れていただいたのも何かの縁かもしれませんので、時間があったらさらっとでも流してもらえたら嬉しいです。

まず第一に、現実に対して過度な期待を持たないでください。就職活動のときに出ててくる会社の人はごくごく限られた人です。ふつうに計算してみればわかると思いますが、あんだけ社員がいるなかで採用に携わる人っていうのは、ごく限られた人です。ボンクラな人とか、会社に対してよく思ってない人を出すわけなんてありません。ところが配属されて分かることは、予想以上に魅力的な人が周りにいないということだと思います。でも、それは会社が悪いんではありません。会社の中でも採用担当にいい人を前面に押し出すにきまっているからで、実際に働く人はそれよりも劣るに決まっているからです。 だから、あまり先輩に対して期待を持たない方がいいと思います。

第二に、皆さんが思っているほど社会は合理的でないと思ってください。 働いている人は会社がどうあるべきかなんて考えていません。儲けるためにはどうすべきだとか、会社にとって何がいいことかどうかなんて全然考えません。サラリーマンは自分にとって都合がいいかどうかだけで物事を判断します。だから、合理的かどうかの判断基準を持ち込んで説得してもうまくいかないケースが多いです。それには僕も落胆されられました。せっかく会社に貢献できそうな提案でも、目の前の損得勘定のみで意思決定する人があまりにも多いのです。ですが、そもそも合理的であるべきとういうのは、ある意味で偏った考え方です。人はみな自分がかわいいし、自分や自分の家族を優先させるからです。だから、価値基準に対して柔軟であるほうがうまくいくかもしれません。

第三に自分がどう有りたいかの軸を持つといいと思います。大企業の社会人にとっては勢いのある人に気に入られるかどうかが重要です。その手段はその人によって違います。どんな人でも結局は人間なので必ずしも客観的に正しい決断なんてできないからです。 大企業サラリーマンとしては、社内で勢いのある人だけをみてればいいですが、それが世の中の全てでないというのは言うまでもありません。社会はそれとは違うふうに動くかもしれませんし、会社にはむかうような行動が外の社会で評価されることだって当然ありまます。でも、なんだかんだいって重要なのは、自分がどう有りたいかの軸を持つことだと思います。サラリーマンとして偉くなるのか、転職できるように手に職をつけるのか、自分で会社を作れるようにするのかは自分自身できめることだし、決めるべきです。それらに対しどのように行動するべきかは誰にもわかりませんが、どうありたいかは自分で決めることができます。

最後に仕事が出来るかどうかに学歴はほとんど関係ないということです。僕は東大・京大・一橋・東工大・早稲田・慶応 ・ハーバード・ペンシルベニア・オックスフォード・コーネル・コロンビア・スタンフォードなどの超一流大学または大学院卒業の人と何人とも働いた経験がありますが、それで得たものは学歴で評価しなくていいんだなと思えた事です。僕の最も尊敬するエコノミストは河野龍太郎氏です。彼の出身大学の横浜国立大学はエコノミストの中では高学歴とは言えないかもしれませんんが、彼の言っていることはとてもしっくりくりし、新しい見地をひろげてくれます。結局のところ、お勉強しかしてこなかった人は、明確な答えのある問題をあたえられないと力を発揮できません。社会には答えのない問題を与えられることが多いですし、お勉強で学んだことだけで解決できることはほとんどないのです。だから、学歴のある人もおごらず、学歴のない人もビビらずに、自分の軸を大切にしながら、うまく社会をあるいて行きましょう。

就活でもっとも重要なのは面接官に気に入られるかです。それを意識することが重要です。そのためには、普通のサラリーマンがどういう人たちかを知る必要があります。それを踏まえたうえで面接に臨みましょう。試されているのは、就活生の潜在能力そのものというよりは、そういったマーケティング能力やプレゼン能力です。

では、普通のサラリーマンとはどういう人たちでしょうか?実は、普通の就活生とまったく変わりません。高校生の時って大学生を、すげー大人だなーって思ってましたよね?ところが、全然違いましたよね? それと同じです。社会人もみんな一応に適当で、自分より年下で経験のない人には上から目線だったりして痛かったりします。

そういう人たちに評価されて人生が決まってしまったりするのは、本当に酷い話ですが、現実ですからしかたありません。そういうマーケットだと思って、自分を売り込むマーケティングしてください。一般論ですが、世の中にはびこるサラリーマンに好まれる基本的な要素を上げていきましょう。
  1. 最低限の事務処理能力がある。(つかえる奴)
  2. コミュ障ではない。(ふつうに話せるやつ、話が長すぎない)
  3. いいやつ。(キレたりしない。怒られたらビビったりして反応が素直。)
  4. いっしょに飯とか行ってもはずかしくない。(身だしなみが悪くないとか。バカすぎないとか。)
  5. 自分より優秀すぎない。(立場がおびやかされない。) 
  6. ちょっとだけ他の人と違う。(印象を残す)
基本的にバイトの先輩とか部活の先輩に近い存在だと思ってください。相手も大した事はありません。サークルで副部長やってました!とかアホなアピールもしてたはずです。でも、逆に適当な嘘はバレます。彼らもそういう事してきたわけなんで、そういうのはすぐにわかるんですよ。だから、大げさなこと言ってバレたりしたら、すみません、アピールしたかったので少し大げさに言っちゃいました、ていうほうが印象がいいと思います。

下手に優秀さをアピールするほうが失敗するかもしれません。上の2・3・5に抵触する恐れがあるからです。面接官は自分がバカなのに上から目線でいたいので、学生が優秀で自分の理解できないことを言うと、コミュニケーション能力が低い!とかいいます。ほんと馬鹿げてますが。

いい女すぎるとモテなくなるのとおんなじです。就活は恋愛に似てますからね。 

↑このページのトップヘ