あ、これ初心者の話ですよ。上級者にはネイティブと会話する練習はとても重要です。

特に苦もなくコミュニケーションが取れたりする場合は、とにかく場数を踏むことが重要ですからね。リスニングは一人でもできるので、特に喋る事にフォーカスするといいと思います。いろいろ話しながら、奇妙なフレーズがあったら訂正してもらいましょう。

初心者はいきなり外人とマンツーマンでレッスンしたところで単なる時間の無駄です。全く日本語を話せないフランス人に、あなたは日本語を教えることができますか?できませんよね。講師だと多少経験があるかもしれませんが、大して変わりません。外国語と日本語の違いを理解していない人が、効率よく外国語を教えることなんて出来るわけないんですよ。考えてみれば簡単に分かることですよね。

日本語を話せる外国人はどうかっていうと、それはまだましかもしれません。でもやっぱ、最初は日本人がいいと思います。それも、外国で生活したことのなくて、それほど流暢ってわけでもないんだけど、まあ、この人くらいしゃべれれば、いいなーって感じの人が最適です。なぜなら、その人こそ、英語を学んだ経験のある人だからです。

ネイティブはもちろん英語を勉強しました。僕らが日本語も学んだようにです。でも、赤ちゃんの語学の学び方は、我々大人の学び方と全然ちがいます。だから、それを真似したところで上達しません。英語を聞き流しているだけでは英語がうまくならないのと同じ理由です。日本語という言語構造をすでに身につけてしまった人は、それを捨て去ることはできないんですよ。英語が学ぶことが難しいのは日本語が身についているからなんです。

だから、海外経験のある人に英語を教えてもらうのもお勧めできません(ネイティブよりはよっぽどマシですが。)。彼らとは圧倒的に環境が違います。相当根性のある人じゃなければ、自分で英語しか離せない状況に追い込むのは難しいと思います。それほど語学の才能があるわけでもなく、海外の経験もあるわけじゃない日本人が英語を学ぶにはそれなりの方法があるんです。それは、本当にそういう経験をした人から学ぶのが一番です。

ちなみに英会話スクールのネイティブの先生にとって、まったくの初心者は地獄です。考えても見てください。全く日本語が離せない外国人(イケメンでも、美人でもない)に、あいうえお、を60分教えるのって相当辛いとおもいますよ。。