タグ:金

みんなの党の渡辺喜美代表は7日午後、化粧品会社会長からの8億円借り入れ問題を巡る責任をとり、代表を辞任した。8億円を選挙とは関係なしに個人的に借りたなんて普通だれも信じないし、仮に政治資金規制法に違反していなかったとしても、そのようなことが公開されなかったこと自体問題だろう。彼が党代表を辞任せざるを得なかったのは当然だったのかもしれない。

国会議員は一人一票の選挙で選ばれた国民の代表である。いくら税金を払っていようが、犯罪歴があろうが、頭がよかろうが悪かろうが、年寄りだろうが若かろうが、一人一票である。そのような手続きによって選ばれた国民の代表が集まり、立法府として議論し、法律、つまりは人間の自由を制限する国家権力の手段が決定されていくわけである。そこには、金銭による利益誘導などは決してあってはならない。そして選挙に関わる資金は厳しく管理し、国民に正しく公開しなければならないのだ。

まあ、理想論を言えばそういう感じだろう。もっというならば、日々その理想に近づきつつあるし、他の国の腐敗具合でいえば、日本はかなり優秀なところに位置づけられるのかもしれない。僕も、そういった理想に近づくことはいいことだと思うし、今のような状態まで達することができたのはとてもいいことだと思っている。これからも、そういう透明でクリーンな政治になることを率直に望んでいる。

しかしながら、目の前の現実と照らし合わせてみるともうひとつの側面を無視するわけにはいかない。現実論である。たとえば、悪い政治家が金で票を集めてたとする。おおっぴらでない用意周到な方法によってだ。このままでは、重要な権力が彼に乗っ取られてしまう。そんなときに現実的に正当な手段では勝つ可能性が極めて低いと判断した場合、それでも正当な手段を選ぶのは果たして妥当なのだろうか。国会という権力闘争をしているなかで、現実論を無視しただけの理想論を訴えることは、はたして正しい手段なのだろうか。

だからと言って、僕は何も不正を奨励しているわけではない。でも僕が感じることは、授業をサボったこともなく、先生や親から怒られたことのない優等生が、かならずしも政治家としてふさわしいとは思わない、ということに近い。正しい方向に導くためには、たまには正しくない方法論を使うことには目をつぶりたい時もあるのだ。理想だけを見ていると何も達成できない。理想と現実の差をただしく見て、そのギャップを埋めるために適切な手段をとれる人こそが政治に向いているのではないかと思う。
結果さえよければ、手段は常に正当化されるのである。 「政略論:マキアヴェッリ」 

2013年3月 の結果
日経平均: 12397.91 ( 838.55 7.25% )
ダウ: 14578.54 ( 524.05 3.73% )
ドル/円: 94.19 ( 1.66 )
ユーロ/円: 120.7327 ( △ 0.07 )

■ 日経平均: 11500 - 12700
PERとかの指標をみてもすでに割高で、オーバーシュートしている感がある。
しかしながら、緩和観測などによる海外リアルマネーの流入や
それを見込んだ短期トレーディングなどにより、この勢いは続くかもしれない。
ただ、調整らしい調整もなかったので、いったん頭打ちになり
下値を試す展開になるのではないかと予想する。
4月の日銀決定会合をみて一旦売りがでるのではないだろうか。

■ ダウ: 14000 - 15000
住宅関連の経済指標も強く底固く推移している。
ユーロ圏のニュースでリスクオフになると売られる展開がでてくるだろうが
企業業績も悪くないので、押し目が入っても短期で収束するように思う。

■ ドル/円: 88 - 95.5
100円まで休みなく進むという声があったが、それまでに利益確定が進んだ。
4月から5月にかけて一旦調整が入るとみている。
4月の日銀決定会合では、内容に問わず利益確定がでるのではないか。
長期的には100円を超えてくると思うので、調整があれば押し目買いを入れたいところ。

■ ユーロ/円: 118 - 122 
キプロスのニュースにより弱含んだ。
また、景況感も決していいわけではないので、現状のユーロは割高とみる。
リスクオンになると円が売られて、その流れでユーロも売られるが
決してユーロを買い進める段階ではないとみている。
もっとも日銀の緩和が予想以上に膨れ上がると相対的にはあがるよちはあるが。

--
免責事項:この内容は投資を勧誘するものでも、情報提供を目的とするものでもありません。従いまして、これらの情報の完全性は保証できません。また、ここに書いてあることで判断したいかなる損失に対しても著者個人の責任は負いかねます。 

↑このページのトップヘ