タグ:SNS

Facebookとかで、自分の写真は載せないけど、子供の写真を載せる親がたまにいる。自分のプロフィール写真にも子供の写真を使っている輩もチラホラみかける。僕は、その人たちに言いたい。子供をペット扱いすんじゃねーと。

例えば、自分の写真を含め家族全員の写真を載せる事に対しては、目くじら立てたりはしない。自分の写真を積極的に公開する人が子供の写真を公開していても、まあそれはそれでありなのかな、とも思う。問題は、自分の写真を出さずに子供の写真だけど出している身勝手な親たちだ

僕は彼らの気持ちを理解しないわけではない。子供はとてもかわいいし、まわりも喜んでくれる。子供の写真をアップすることは一種の愛情表現のひとつなのだ。子供を産んだり育てたりするのは、とても大変なことだ。だから愛情表現をする権利は親にもあるし、まわりも喜んでいて本人も気にしていないのならそれでいいという考えなのだろう。

でも、その考えはあまりにも身勝手だ。子供をペットか何かと勘違いしているのだろう。

言っておくが、どんなに苦労して育てようが、子供には子供の人権がある。彼らはペットではない。 どんなに苦労しようが、自分がいなければなにもできない自分にいいなりの対象だろうが、子供も人間だから人権がある。それを尊重できないのなら、親になる資格なんてない。

たとえば、あなたの親が自分の写真をFacebookのプロフィールに載せていたらどだろうか。自分に許可なく、親が勝手に自分の写真を載せていたらどう思うだろうか。自分の写真を載せいない人にとっては、思うことがあって載せていないのだから、それはとても迷惑な話だろうと思う。でも、あなた自身はそれをやってると認識すべきだ。

いろんな反論があるかもしれない。自分の子供と私は違うとか。でも、それこそが親のエゴなのだ。自分の人権だけを身勝手に尊重するように主張しながら、子供の人権を無視しているのだ。

どんなに子供がかわいくても、まわりがよろこんでくれようとも、そしてそれが愛情表現であっても、子供の側に立って発想ができない親は親ではない。親はまずもって子供をまもるべき存在なのだ。そのことを自覚せずペットを扱うような態度で子供に接する親を見ると失望を禁じえない。

僕の好きなカータンblogでは、カータンが写真に出てくることはあっても、子供が顔を隠さずでてくる写真はでてこない。これこそが、親の持つべき態度なんだと僕は思うのだ。

最近、Facebookを使わなくなってきた。ちょと前までは暇あえあればチェックしていたけど、今はあまり気にならない。おそらく、僕の友人の何人かがあまりアップしなくなったからだろう。なぜ、こんなにもFacebookをしなくなったのだろう。

単純に考えると、たぶん、多くの人が飽きたんだと思う。よく考えてみれば、ほとんど会いもしない「友達」がランチに何をたべたなんてほとんど関心がない。自分の投稿に反応がなくなれば、投稿しなくなるのは必然だ。そして、投稿する人がすくなくなれば、見に行く人も当然すくなるなる。

Facebookにはそれなりのシステム投資がされているはずだ。それを無料で利用できるのは広告があるからだ。いってみればテレビと同じ原理だ。人が集まれば、広告の価値が高まる。しかもFacebookのように個人の情報が満載となれば、革新的な広告も可能になってくるわけだ。SNSはビジネスにとって重要になったのはそのためだ。

でも、もし人が利用する時間がすくなるなると広告の効果は一気に落ちる。そして広告が撤退すれば売り上げが下がる。もしかすると、ほんのごく近い将来にFacebookはとても小さな会社に逆戻りするのかもしれない。昔多数派だったmixiが使われなくなったのとちょうど同じように。

そしたら次の時代はなんだろうか。Lineみたいなシンプルなコミュニケーションになるのか。それとも想像もつかないようなハイテクなものになるのか。はたまた、「手紙」や「電話」みたいなアナログなコミュニケーションが復活するのだろうか。次の時代が楽しみだ。

↑このページのトップヘ